ケンオー・ドットコムのロゴ お客様の鍬を修理いたします。相田合同工場
株式会社ティーケーネットサービス
サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
スポンサードリンク

spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ



燕市の各地区夏まつりを締めくくる第52回吉田まつり始まる (2009.7.25)

取材依頼・情報提供はこちら

燕市3地区で夏まつりの最後を締めくくる吉田地区の第52回吉田まつりが24、25の2日間、同地区で行われており、初日24日は昼はおまつりステージ、夜は吉田民謡流しなどが行われた。

第52回吉田まつりで24日行われた吉田民謡踊り流し

第52回吉田まつりで24日行われた吉田民謡踊り流し

2009 県央の夏まつりのフォトアルバム

夜の催しはJR吉田駅前の駅前広場をメーン会場に、午後7時20分からの太鼓の饗演で幕開け。吉田民謡流し、よさこい吉田繁盛ぶし&竿灯まつりで盛り上がるとともに、ことしはトキめき新潟国体の燕市吉田地区の炬火(きょか)採火式も行われた。

吉田民謡流しには、自治会を中心にスポーツ関係、企業、施設、金融など昨年とほぼ同じ41団体の子どもから年配の人まで約2,000人が参加。団体名を書いたちょうちんを先頭に、そろいの浴衣や背中に「よし田」とある旧吉田町時代からのはっぴを着て、「吉田ばやし」と「吉田繁盛ぶし」を踊り流した。

JR吉田駅前のステージでまつり囃子の演奏

JR吉田駅前のステージでまつり囃子の演奏

蒸し暑さと参加者の熱気で、見物客もうちわで仰ぎながら見物。JR吉田駅前と商店街を結ぶ大きな踊りの輪をつくる踊り手たちは、額に汗を光らせていた。

ことし、燕市内3地区の夏祭り会場で行われている炬火採火式は、民謡流しの休憩時間に行われ、古代の火起こしの道具「マイギリ」で採火した火を炬火受け皿に点火し、公募作品の中から決めた吉田地区の炬火名「輝きを はなて未来へ 吉田の火」を小林清志市長が発表した。

2日目の25日は、ビジョン吉田駐車場を会場に午後5時半から吉田太鼓龍神会の披露、5時50分から子どもみこしもみ合い、6時10分から踊り披露、7時15分からトキめき新潟国体炬火集火式、7時30分からよさこい吉田繁盛ぶし披露、7時50分から山車(だし)巡行が出発し、JR吉田駅前まで進み、燕市の夏まつりの幕を閉じる。