ケンオー・ドットコムのロゴ 燕市で仕事を探す。燕では働く魅力とは?
サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
スポンサードリンク

spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ



10月31日に1,000発の花火で信濃川を浮かび上がらせる「信濃川プロジェクト2009」で花火の打ち上げボランティア募集 (2009.10.5)

取材依頼・情報提供はこちら

10月31日午後6時、信濃川の県内最上流の津南町から日本海河口まで延長155km、500カ所余りで次々と打ち上げる1,000発の花火で信濃川を浮かび上がらせる「信濃川プロジェクト2009」が行われ、同プロジェクトの実行委員会(景山健代表)では、各地で花火を打ち上げるサポーターを募集している。

「信濃川プロジェクト2009」のリーフレット

「信濃川プロジェクト2009」のリーフレット

津南町で毎年行われている花火大会「河岸段丘花火」の関係者が中心となって初めて行われるプロジェクト。信濃川沿いに300メートル間隔で約510カ所の打ち上げ場所を設ける。

午後6時に最上流で点火し、1秒間隔で次の下流側の打ち上げ場所で点火し、リレーするように次々と下流へ向かって花火を打ち上げ、約8分30秒で日本海に到達。さらにその3秒後にすべて打ち上げ場所で一斉に点火する。

「信濃川プロジェクト2009」のポスターを手にボランティアを募る加茂市の日野田さん

「信濃川プロジェクト2009」のポスターを手にボランティアを募る加茂市の日野田さん

打ち上げる花火は、花火が上昇している段階から光を放って火柱のようになる「虎の尾」と呼ばれるもの。合計1,000発の花火で信濃川を視覚化する。

それぞれの打ち上げ場所では、打ち上げる人とタイムキーパーの2人が1組になって行う。そのボランティアを事前準備スタッフとあわせて募集している。花火は花火師の免許がなくても、約1時間の事前講習を受ければ上げられるもので、当日までに数回、講習会を開く。

県央地域の打ち上げ場所は、燕33、三条35、加茂18、田上7の計93カ所で、全体の5分の1を占める。県央地域での講習会は、10月7日午後7時から加茂市・加茂商工会議所で開かれるほか、三条市でも日程は未定だが開く予定で、大勢の参加を呼びかけている。

県央地域での参加や講習会の問い合わせは、加茂市・日野田さん方(電話:090-3063-7263)か、信濃川プロジェクト2009実行委員会事務局(NPO法人雪の都GO雪共和国内、電話:050-3376-2332)へ。