ケンオー・ドットコムのロゴ #三条エール飯で飲食店を応援しよう/三条市
サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
帯織住宅団地/三条市 JR帯織駅前に位置し、目の前に田園風景が広がる静かな住宅団地 全85区画
空間除菌システム - 梨本商店
燕三条ものづくりメッセ2020|公式ホームページ | 燕三条ものづくりメッセ2020のホームページです。
スポンサードリンク

spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ



三条市の小学生野球チーム「田島リトルライオンズ」の鈴木梨美選手が新潟の女子チーム「BBガールズ」選手として関東甲信越学童女子選抜大会に出場 (2009.11.7)

取材依頼・情報提供はこちら

三条市の小学生野球チーム「田島リトルライオンズ」に所属する唯一の女子選手、鈴木梨美さん(12)=一ノ木戸小6年生=は、県内の女子児童だけの選抜野球チーム「BBガールズ」の選手に県央地域から初めて選ばれ、7、8の2日間、東京で開かれる小学生女子の野球大会、第14回関東甲信越学童女子選抜大会に出場する。

第14回関東甲信越学童女子選抜大会に出場する鈴木梨美さん(左)と田島リトルライオンズの黒鳥監督(右)

第14回関東甲信越学童女子選抜大会に出場する鈴木梨美さん(左)と田島リトルライオンズの黒鳥監督(右)

鈴木さんは、野球をしていた兄の影響で3年生のときに田島リトルライオンズに入団。以来、唯一の女子団員で、一塁手。

6年生なので間もなく卒団だが、黒鳥裕之監督が、女の子1人で頑張った鈴木さんに最後にいい思い出を残してあげたいと思っていたところに、新潟で女子児童だけの野球の交流大会「BBガールズ・フレンドシップマッチ」があることを知り、鈴木さんに紹介した。

BBガールズのユニホームを着た鈴木さん

BBガールズのユニホームを着た鈴木さん

鈴木さんは8月16日に開かれたこの大会に参加。大会には県内から66人の女子が参加し、そこでチーム分けをして対戦が行われた。

大会後、第14回関東甲信越学童女子選抜大会に出場するBBガールズの選手募集があり、鈴木さんも応募。9月20日に選考会が開かれ、エントリーした34人のうち16人の選手が決まり、鈴木さんもそのひとりに選ばれた。

選抜大会には首都圏を中心に11チームが参加してトーナメントで競い、優勝チームは来年1月にフィリピンで開かれる大会の出場権が与えられる。BBガールズは7日の初戦で東京・江戸川区の葛西ヤンキースと対戦する。

鈴木さんは、男子のなかで野球を続けることに困ったことは何もなく、楽しかったと言うが、先の女子だけのフレンドシップマッチでは「しゃべるのが楽しくて、友だちもできた」。大会を見た黒鳥監督も、「(鈴木さんの)いい笑顔が見られてよかった」と喜ぶ。

選抜大会では、「チームでは声を出していこうと話しています」と鈴木さん。「野球を楽しくやりたい」と日焼けした顔から白い歯をこぼし、鈴木さんの夏はまだ終わっていないとでもいった様子だ。