ケンオー・ドットコムのロゴ お客様の鍬を修理いたします。相田合同工場
株式会社ティーケーネットサービス
サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
スポンサードリンク

spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ



三条の町工場から生まれた萌えキャラ、ノートPC冷却台の「すのこタン。」が『図説ご当地娘百科』に収録 (2010.12.13)

取材依頼・情報提供はこちら

三条の町工場から生まれた萌えキャラが全国のご当地娘キャラクター200人に選出!。11月に出版された『図説ご当地娘百科』(幻冬舎・1,365円)が収録する全国200人のご当地娘キャラクターに金属製品製造販売の三条市猪子場新田、有限会社マルダイ(大竹賢一社長)の「ピュアアルミニウムすのこタン。」が掲載された。

「ピュアアルミニウムすのこタン。」を開発、販売するマルダイの大竹社長と製品、関連グッズ

「ピュアアルミニウムすのこタン。」を開発、販売するマルダイの大竹社長と製品、関連グッズ

秋田県・JAうごの「秋田こまち」、東京都・了法寺の「とろ弁天」など全国のビジネスやイベントにかかわる87項目、200人のご当地娘キャラクターを紹介した図説。県内ではほかに上越市の越後・謙信SAKEまつりのキャラクター「歌瀬吟」が紹介されている。

全国200人のご当地娘キャラターを収録した『図説ご当地娘百科』

全国200人のご当地娘キャラターを収録した『図説ご当地娘百科』

「すのこタン。」は、同社が2007年春に発売したパソコンやゲーム機を載せて過熱を防止する製品、冷却台をPRするキャラクターとして誕生した。同社は昭和42年創業で社員21人。主に建築金物を製造する一方、自社ブランドの開発も手掛けてきたが、ヒットにはつながらなかった。

そんななかで、すのこの形状をヒントに、アルミの薄い板を「コ」の字形に曲げ、連なるように並べて表面積を稼ぐことによる放熱にも期待した冷却台を開発。同時に萌えキャラとの組み合わせを考え、東京の漫画家と打ち合わせながらキャラクターデザインや戦略を練った。

『図説ご当地娘百科』に掲載された「ピュアアルミニウムすのこタン。」

『図説ご当地娘百科』に掲載された「ピュアアルミニウムすのこタン。」

パッケージだけでなく、商品そのものにも「すのこタン。」をデザイン。公式サイトでのオンライン販売だけという限られたルートでの販売にもかかわらず、最初の1年で3,000個が売れ、手応えは十分。ラインナップを増やす一方、年2回、東京国際展示場で開かれるコミックマーケット(コミケ)に出展。初めての出展で行列ができる人気を集め、一気に業界内での知名度を上げた。

冷却台「ピュアアルミニウムすのこタン。」

冷却台「ピュアアルミニウムすのこタン。」

さらに関連グッズの販売にも手を広げた。マウスパッド、ハンドタオル、手ぬぐい、クリアファイル。ファンが作曲を申し出て、marryさんという京都在住の歌手が歌ったイメージソング『のっけて!すのこタン。』が生まれ、非売品のCDも完成。その話が作曲仲間に広がり、この年末には正式に8曲入りのコンピレーションアルバムまでリリースすることに。

「すのこタン。」のさまざまな関連グッズ

「すのこタン。」のさまざまな関連グッズ

「すのこタン。」に続いて、大型の冷却台向けに新たな萌えキャラ「あるみさん」も誕生させた。現在、商品はサイズや色、イラストの有無などが異なる10アイテム以上をラインナップし、価格は2,300円から、「すのこタン。」のA4ワイドサイズは4,000円から。グッズは6、7種類を販売しているが、イベント用に限定品を生産することも多く、「すのこタン。」を主人公にしたコミックも作成した。

「ピュアアルミニウムすのこタン。」のリーフレット

「ピュアアルミニウムすのこタン。」のリーフレット

大竹社長は同社の3代目。「企業関係にはまったくの無名の会社ですが、若い人には結構、知ってもらっていて、こちらが驚くこともあります」。製品自体は金属加工を手掛ける地元の町工場なら簡単に作られるが、萌えキャラを組み合わせる発想が新しい。

「萌えキャラといっても、ふつうはコミックとか紙媒体の商品ですが、金属関係で物珍しいのが当たったのかも」と大竹社長。また、「萌えキャラが好きなのはパソコンが好きな層で、客層に共通項が多かったのでは」とヒットの理由を分析する。もっとも新分野への参入は販路開拓ひとつとっても難しく、「ネットがなければ実現しなかった」と言う。

今回、『図説ご当地娘百科』に掲載されたことには、「全国のご当地娘のひとつとして声をかけられたのはありがたい」と喜び、これからも「違うキャラクターも売り込んでいきたい」、「もっとパソコン関係の濃い方向へ」、「アルミ製の高品質を誇るiPhone用ケースとか」とアイデアはまだたくさんあり、「すのこタン。」の勢いは止まらない。「すのこタン。」は自社サイトのほか、Amazonでも購入できる。