ケンオー・ドットコムのロゴ お客様の鍬を修理いたします。相田合同工場
株式会社ティーケーネットサービス
サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
スポンサードリンク

spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ



三条市大崎公民館で体験教室「親子で作ろう!ミニ門松」、小学生親子24人が門松づくりにチャレンジ (2010.12.24)

取材依頼・情報提供はこちら

三条市大崎公民館(大坂博館長)は23日、同公民館で体験教室「親子で作ろう!ミニ門松」を開き、小学生の親子24人が門松づくりにチャレンジした。

23日開かれた大崎公民館の体験教室「親子で作ろう!ミニ門松」

23日開かれた大崎公民館の体験教室「親子で作ろう!ミニ門松」

ことしで3年目の年末恒例の親子参加の体験教室。ことしも、保内公園の指定管理者「保内緑の里管理組合」職員の2人を講師に、リピーターも含めて親子11組が参加した。

ミニ門松は、直径15センチ余りのタケに稲ワラの「こも」を巻いた材料の胴部分にコマイ縄を縁起のいい3巻、5巻、7巻と巻いて「男結び」で結ぶ。角度をつけてのこぎりでそぎ切りした細い3本のタケを筒に挿し、砂を入れて固定。マツ、ユズリハ、ナンテン、稲穂、造花のウメを挿して、2時間ほどで完成させた。

父親とともに3回目の参加という小学4年生の白鳥薫君は、のこぎりで切るのと、飾るのが難しいと話したが、「お父さんと作るのも楽しい」、「3年のなかでいちばんいいでき」とできあがりに大満足。3年目のことしは家族も手作り門松をあてにされていると言い、帰ったらすぐに玄関にかけてあるクリスマスリースの下に一緒に飾ると話していた。

参加者のほとんどが「男結び」の難しさに手を焼いていたが、講師によると「簡単でほどけない結び方」で、「昔の金物問屋はみんなができた」とも話していた。