ケンオー・ドットコムのロゴ お客様の鍬を修理いたします。相田合同工場
株式会社ティーケーネットサービス
サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
スポンサードリンク

spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ



鈴木燕市長がことし最後の定例記者会見 (2010.12.28)

取材依頼・情報提供はこちら

鈴木力燕市長は28日、定例記者会見を行い、人間国宝で名誉市民の金工家、玉川宣夫さん(68)=燕市花見=からの接ぎ合わせ(はぎあわせ)花瓶の寄贈、子宮頸がんの保護者説明会の開催、第70回分水おいらん道中の主役募集について話した。

28日行われた鈴木力燕市長の定例記者会見

28日行われた鈴木力燕市長の定例記者会見

市長が選ぶ三大ニュースを問われて、玉川さんが人間国宝に認定されたこと、燕中学校女子剣道部が主将の死を乗り越えて全国制覇2年ぶり3回目、そして市長交代と市議会改選で、政治を除けば燕南小、吉田南小、燕中の一気に3校が改築されたことをあげた。

玉川さんの作品の展示方法に関する質問には、人間国宝のコーナーをつくった方がいいという話もあり、「そうしたコーナーは整備していった方がいいんじゃないかな」、「史料館運営委員会の方々とも相談しながら」と前向きだった。

3日から23日まで燕市産業史料館で開かれた玉川宣夫金工展は、作家の展示会としては平成14年の同史料館リニューアルオープン以来最多の1,877人の入館があったことも紹介。今年度の同史料館入館者は前日27日までに10,237人を数え、前年度の12,411人を上回る入館者にも期待した。

定例記者会見後に接ぎ合わせ花瓶の寄贈に訪れた玉川宣夫さん

定例記者会見後に接ぎ合わせ花瓶の寄贈に訪れた玉川宣夫さん

発表項目の玉川宣夫の作品寄贈は記者会見の後、玉川さん夫婦が来庁して平成7年制作の接ぎ合わせ花瓶を寄贈した。先に市が購入した玉川さんの作品とあわせて燕市産業史料館に展示する。

子宮頸がんの保護者説明会は、小学校6年生から中学3年生の女子の保護者を対象に1月24日に吉田保健センター、26日に分水保健センター、28日に燕市中央公民館で開く。

第70回分水おいらん道中の参加者募集ちらし

第70回分水おいらん道中の参加者募集ちらし

第70回分水おいらん道中は来年4月17日に開かれる。70回の節目で、おいらん役4人はもちろん、約70人の付き人も一般募集する。