ケンオー・ドットコムのロゴ 2019県央工高同窓会 6月14日(金)
三条信用金庫栄支店5月27日(月)オープン
いい湯らてい
サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
スポンサードリンク

spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ



国定三条市長は年頭のあいさつでことしは「セカンドステージが始まる飛躍の年」 (2011.1.4)

取材依頼・情報提供はこちら

仕事始めの4日、国定勇人三条市長は午前9時から市役所で職員約150人を前に年頭のあいさつを行い、ことしは「2巡目の芽出しの年」で、「セカンドステージが始まる飛躍の年」との考えを示して新年をスタートした。

年頭のあいさつを行う国定三条市長

年頭のあいさつを行う国定三条市長

国定市長は、平成23年は三条市にとって大きな節目の年とした。12月定例会冒頭で5つの政策の柱と3つの基盤の確立を示したが、それに加ええてことしは総合計画の後期実施計画スタート、現在策定中の新経営戦略プログラムのスタートなどをあげ、あらゆる面で節目の年と話した。

さらに、「2巡目の芽出しの年」について、これまでの3年間を1年ごとに「芽出し」、「深化」、「根張り」のテーマで進めてきたが、ことしは新たなステージに立つ大事な年と位置づけ、ファーストステージの土台に立つセカンドステージとした。

国定市長の年頭のあいさつを聞く約150人の職員

国定市長の年頭のあいさつを聞く約150人の職員

昨年末のあいさつで心身のリフレッシュを求めたのは、そこにあり、自分自身を見つめ直し、「気づき」を種にして新たな芽出しをすれば、三条市の将来はしっかりしたものになるとした。

さらに、コミュニケーションの大切さなどを話し、「あとから振り返ったときに、平成23年は本当の意味での飛躍の年だったとするのが、わたしたちの仕事。ことし一年よろしくお願いします」と、年頭のあいさつを締めくくった。