3、4日とJAにいがた南蒲女性部下田支部の農産物加工グループ「豊友会」が「庭月庵 悟空」前で恒例の山菜まつり (2011.5.4)

取材依頼・情報提供はこちら

スポンサードリンク

JAにいがた南蒲女性部下田支部の農産物加工グループ「豊友会」は3、4の2日間、三条市庭月、漢学の里しただ「庭月庵 悟空」前でことしも山菜まつりを開き、地元で採った新鮮な山菜を販売している。

3、4日と漢学の里しただ「庭月庵 悟空」前で開かれている山菜まつり
3、4日と漢学の里しただ「庭月庵 悟空」前で開かれている山菜まつり

毎年、ゴールデンウイークにあわせて山菜まつりを開いており、グループのメンバーが採取した山菜を販売する。安さと新鮮さ、調理方法がその場で聞けることも魅力で、市内外からのリピーターも多い。

ことしは、積雪が多く、雪解けも遅れて山菜の生育も例年より遅れているが、ここ数日の暖かさで一斉に出始めているという。

初日は山菜のワラビ、ウド、コシアブラ、コゴミ、アザミ、ウルイ、フキ、トリノアシ、カタクリ、セリをはじめ、シイタケやゴンボッ葉入りの笹(ささ)団子などが並んだ。山菜は1束200円から。笹団子は10個1,200円、このほか、1杯100円で200食限定の山菜入り豚汁、こんにゃく、ひこざえんなども販売している。

ひこざえん焼き
ひこざえん焼き

夫婦連れなど60人近くが開店を待ち、午前9時半のオープンと同時に目当ての山菜を買い求めた。なかでもワラビは、まだ数が少なかったこともあったが、用意した30束ほどが開店と同時になくなる人気だった。

「これどうやって食べるの?」、「これはなんですか?}と訪ねる買い物客に、メンバーは、「雪の下からとってきたフキノトウらて」、「これはコシアブラらいね。天ぷらとかいいよ」、「ギョウジャニンニクはね、しょう油漬けとかおひたしとかもおいしいよ」とアドバイス。

穏やかな晴れ間が広がったこの日は、買い物をすませた人たちは、青空の下にセッティングされたイスに腰掛け、新緑の見え始めた近くの山と残雪の粟ヶ岳、水が張られてカエルが鳴く田んぼをながめながら山菜入り豚汁やひこざえん、サツマイモコロッケの「紅ころ」などをゆっくりと味わっていた。

産物直売所「しただうんめもんフェア」もオープン
農産物直売所「しただうんめもんフェア」もオープン

2日間とも、午前9時半から午後3時半までだが、品物がなくなれば終わる。また、両日とも同会場で「しただ郷道の駅直売推進協議会」の農産物直売所「しただうんめもんフェア」もオープンしており、こちらでも山菜や野菜を販売している。

関連リンク

spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

...詳細


燕三条じばさんお盆フェア2019 - 燕三条地域の地場産センター 燕三条地場産業振興センター
「しただ×夏野菜」うんめもんフェア〜8/31 道の駅「漢学の里しただ」 8/4鮎のつかみ取り、8/10〜15盆花フェアー、8/24大蛇がやってくる
サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
スポンサードリンク

■Copyright (C) kenoh.com Allrights Reserved.
三条・燕、県央の情報「ケンオー・ドットコム」kenoh.com