台湾・新竹城中ロータリークラブからの義援金100万円余りを三条ロータリークラブから三条市へ (2011.5.9)

取材依頼・情報提供はこちら

スポンサードリンク

三条ロータリークラブは8日、姉妹クラブで台湾の新竹城中(しんちくじょうちゅう)ロータリークラブから東日本大震災で被災した人たちのために役立ててほしいと贈られた義援金100万円余りを三条市に届けた。

左から三条ロータリークラブの明田川さん、佐野さん、樺山さん、そして国定市長
左から三条ロータリークラブの明田川さん、佐野さん、樺山さん、そして国定市長

新竹城中クラブは、台湾の新竹市のクラブ。2005年度に三条ロータリークラブと姉妹クラブの締結をして以来、毎年、交互に両クラブのメンバーが日本と台湾を行き来し、交流を深めている。

午後2時前に三条ロータリークラブの樺山仁会長、明田川賢一幹事、国際ロータリークラブ第2560地区2010‐2011年青少年交換委員も務め、姉妹クラブ締結時に会長だった佐野勝榮さんの3人が市役所を訪れ、国定勇人市長に台湾からの大きな善意107万2,000円と同クラブからのメッセージを手渡した。

歓談する三条ロータリークラブメンバーと国定市長
歓談する三条ロータリークラブメンバーと国定市長

樺山会長らは、メッセージに「遠く離れていても気持ちはつながっています。思いやりの心に国境はない」とあることや、地震発生から間もなくして同クラブから支援の申し出があったことを紹介。「まさしく国際奉仕活動」、「なかなかできないことで、ありがたいこと」と市長に伝える一方、「一昨年の台湾での地震もあったのに、われわれ姉妹クラブとして申し訳ない」とも話していた。

国定市長は、「台湾の皆さんが日本を支えようという動きは、マスコミを通じて聞いていたが、目の当たりにするとすごいですね。なかなかできないこと」。「こうして全世界から支えていただいているのですから、復興しなくてはいけませんね。また、できると思います」と、礼を言いに台湾に行きたくなったと遠くからの支援に「すごいですね」と繰り返し、感謝した。


spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

...詳細


燕三条じばさんお盆フェア2019 - 燕三条地域の地場産センター 燕三条地場産業振興センター
「しただ×夏野菜」うんめもんフェア〜8/31 道の駅「漢学の里しただ」 8/4鮎のつかみ取り、8/10〜15盆花フェアー、8/24大蛇がやってくる
サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
スポンサードリンク

■Copyright (C) kenoh.com Allrights Reserved.
三条・燕、県央の情報「ケンオー・ドットコム」kenoh.com