町内の高齢者から昔話を聞いてやすらぎの時間を味わってもらおうと燕市吉田下町で旧家を借りて昔話を聞く会 (2011.5.11)

取材依頼・情報提供はこちら

スポンサードリンク

町内の高齢者から昔話を聞いてやすらぎの時間を味わってもらおうと、燕市吉田下町の町内会(浜田克彦会長)が11日、町内の旧家を借りて昔話を聞く会「むかし あったてんがの〜」を開いた。

11日に燕市吉田下町の旧家で開かれた町内会による昔話を聞く会
11日に燕市吉田下町の旧家で開かれた町内会による昔話を聞く会

吉田下町では76世帯が暮らす。会場に入りきらないとおそれがあったので、対象は町内の70歳以上に限定し、約30人が参加した。

会場は町内の旧家、香林堂。一般公開していないが、今回は町内の行事ということで特別に会場に貸してくれた。昔話を披露したのは、燕語りの会(近嵐京子代表)会員4人。こっけいな言葉遊びに声を出してわらったり、落語のようにとんちのきいた話にじっくり聞き入ったり。

昔話を聞く会を開くきっかけになった幸田さん
昔話を聞く会を開くきっかけになった幸田さん

手遊びや数え歌もあり、最後は菓子と茶で茶話会。今では数少なくなった土間のある座敷で、日常にない時間と空間に、まさに時空を飛び越えた子どものころに返った気分も味わった。

町内のおばあさんが「昔話をゆっくり聞いてみたいね〜」と話したのがきっかけだった。東日本大震災もあり、誰もが心に大きな痛みを感じている今こそ、お年寄りにやすらぎの時間を届けたいと、初めて企画した。

きっかけになったおばあさんは、幸田ノブヨさん(88)。「昔話の本を買って孫に聞かせてた。しゃべんのがよっぱらんなって、テープに吹き込んで孫に聞かせてた」と大満足で思い出を話していた。


spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

...詳細


燕三条じばさんお盆フェア2019 - 燕三条地域の地場産センター 燕三条地場産業振興センター
「しただ×夏野菜」うんめもんフェア〜8/31 道の駅「漢学の里しただ」 8/4鮎のつかみ取り、8/10〜15盆花フェアー、8/24大蛇がやってくる
サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
スポンサードリンク

■Copyright (C) kenoh.com Allrights Reserved.
三条・燕、県央の情報「ケンオー・ドットコム」kenoh.com