春の全国交通安全運動にあわせて三条信用金庫がことしも三条市にカーブミラー4基を寄付 (2011.5.13)

取材依頼・情報提供はこちら

スポンサードリンク

5月11日から始まった春の全国交通安全運動にあわせて13日、三条信用金庫は地域の交通安全に役立ててもらおうと、ことしも三条市にカーブミラー4基を寄付した。

左から三条信用金庫の刈屋職員会幹事長、西潟理事長、そして国定市長
左から三条信用金庫の刈屋職員会幹事長、西潟理事長、そして国定市長

午前9時45分に、同金庫の西潟精一理事長と刈屋直利職員会幹事長が市役所を訪れ、西潟理事長からカーブミラー4基約40万円相当の目録を国定勇人市長に手渡した。

同金庫は昭和49年からほぼ毎年、職員会と合同で三条市にカーブミラーを寄付し、これまで276基を寄付している。現在、三条市内には2,096カ所にカーブミラーが設置されているが、同金庫の寄付総数はその約13.2%になる。

カーブミラーの設置要望は、信号機や街路灯とともに多く、寄付のカーブミラーは優先順位の高い順に新設し、今回は桜木町、南四日町3、直江町1、柳場新田地内にそれぞれ設置した。また、同金庫は毎年6月15日の「信用金庫の日」に全店舗で、それぞれのエリア内の通学路を中心にカーブミラーの清掃やごみ拾いなど美化活動を行い、社会貢献に努めている。

 国定市長と談笑する西潟理事長(右)と刈屋職員会幹事長(右)
国定市長と談笑する西潟理事長(右)と刈屋職員会幹事長(右)

国定勇人市長は、防犯灯やカーブミラーは地域からの要望あ多くて、設置が追い付かないと話し、「1基つければ、必ず安全度が高まる」として、同金庫のカーブミラー設置の継続的な取り組みはありがたいと、礼を述べた。

関連リンク

spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

...詳細


2月25日は越後つばめの天神講
燕市で仕事を探す。燕では働く魅力とは?
サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
スポンサードリンク

■Copyright (C) kenoh.com Allrights Reserved.
三条・燕、県央の情報「ケンオー・ドットコム」kenoh.com