三条市の避難所再編で勤労青少年ホーム「ソレイユ三条」の避難所を閉鎖、18人が統合先の体育文化センターへ移動、2人はふるさと南相馬へ (2011.5.29)

取材依頼・情報提供はこちら

スポンサードリンク

三条市は28日、市内4か所の東日本大震災による避難所を避難者の減少や設備関係などに伴って再編し、冷房施設のない体育館を利用していた勤労青少年ホーム「ソレイユ三条」の避難所を閉鎖した。

三条市の避難所の再編で29日、閉鎖された「ソレイユ三条」で体育センターへ移動する人たちを見送る市民やボランティア
三条市の避難所の再編で29日、閉鎖された「ソレイユ三条」で体育センターへ移動する人たちを見送る市民やボランティア

「ソレイユ三条」は、避難者が減少したうえ、避難所に充てた体育館に冷房施設がなく、夏に向かって暑さが厳しくなるため、冷房のある体育文化センターに統合する。「ソレイユ三条」は3月16日から74日で避難所の閉鎖となった。

前日27日に12人が福島県南相馬市に戻り、同避難所に残ったのは20人。うち、18人が体育文化センターに移り、2人は閉鎖とともに自家用車で南相馬市へ戻った。

「ソレイユ三条」の前で記念撮影
「ソレイユ三条」の前で記念撮影

28日は午前8時に運送業者の4トンと2トンのトラック2台が到着し、荷造りしておいた荷物を積み込んだ。前日の福島に戻った人たちの見送りと同様、地域の人やボランティアなど数十人が訪れ、記念撮影もして別れを惜しんで見送った。

体育文化センターに移ったうちのひとり、自宅が警戒区域内で立ち入り禁止になっている南相馬市小高区の鈴木弘子さん(59)は、3月20日ころに三条市に避難した。障がいをもつ子どもとの避難だったこともあり、「優しい方がたくさんいて助かりました。みんないい人で」と感謝した。

玄関前で最後の別れを惜しむ
玄関前で最後の別れを惜しむ

「ここに来たときに最初に見たあの言葉がうれしかった。じ〜んときました」と鈴木さんが指さした先には、『三条市は 皆さんを 心から応援します!』の張り紙。「わたし、あの下で寝ていたから毎日、見てました。『心から』の気持ちがとってもよかった」。

津波で10人以上も知人を亡くした。いまだに一時帰宅もできないいら立ちや、つらい気持ちも話した。自宅の壊れた屋根を雨漏りしないように直してほしいと願い、「何年後になるかはわからないけど、家に戻る日のために、いちばん先にやってもらわないと」言う。

「ソレイユ三条」へ避難している人たちを励ました「三条市は みなさんを心から応援します!」の張り紙
「ソレイユ三条」へ避難している人たちを励ました「三条市は みなさんを心から応援します!」の張り紙

鈴木さんが地震発生まで務めていたNPOほっと悠「就労支援センターほっと悠Ms」は、6月の再開を目指している。鈴木さんはいったん、体育文化センターに移動するが、近いうちに南相馬市に戻ることにしている。

避難所に飾られていた千羽鶴とトキの写真をもらった。「トキやツルがはばたくように、ここを出発点にして頑張っていかなくては」と自らにいい聞かせるように話していた。

また、同施設の地元の老人会「熟年 いこいの会」の上石会長(77)と、避難所の班長としてまとめ役となり、この日、南相馬市に帰る横山邦彦さん(69)は、別れのあいさつをかわした。上石会長「お名残惜しいけど、早く帰って自分たちの生活ができるればいい。あなた方の気持ちが、いちばんだからさ。引き留めたいところだけど」、横山さんは「楽しい思い出をつくっていただいて、ありがとうございました」と話していた。

避難している人たちの荷物がなくなってがらんどうになった「ソレイユ三条」の体育館
避難している人たちの荷物がなくなってがらんどうになった「ソレイユ三条」の体育館

体育文化センターへの移動は、市のワゴン車2台に分乗して移動。南相馬市に帰る人は自家用車にたくさんの荷物を積んで、それぞれ9時半過ぎに出発した。

7・13水害を経験した地元の人たちは、当時の市内避難所の閉鎖とは状況が違うことを知っている。7・13水害では、避難所の閉鎖は復興のため、被災した人たちの新たな生活のためのスタートの一歩を意味した。

しかし、いまだに収束しない原発事故の深刻な影響下にある人たちは、復興のめどが立たないのが実情。旅立つ人の気持ちを考えると手放しで喜べない複雑な思いで見送る人もいたようだ。


spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

...詳細


燕三条じばさんGWフェア2019 4月27日(土)〜5月6日(月) 道の駅燕三条地場産センター
サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
スポンサードリンク

■Copyright (C) kenoh.com Allrights Reserved.
三条・燕、県央の情報「ケンオー・ドットコム」kenoh.com