三条市勤労青少年ホーム「ソレイユ三条」と農業体験交流センター「サンファーム三条」の避難所閉鎖に伴って6月1日に貸し出し再開 (2011.5.30)

取材依頼・情報提供はこちら

スポンサードリンク

三条市が市内4カ所に開設した東日本大震災に伴う避難所のうち、勤労青少年ホーム「ソレイユ三条」と農業体験交流センター「サンファーム三条」の2カ所を閉鎖したのに伴い、6月1日から両施設の貸し出しを再開する。

 6月1日に貸し出しを再開する三条市農業体験交流センター「サンファーム三条」
6月1日に貸し出しを再開する三条市農業体験交流センター「サンファーム三条」

「ソレイユ三条」は多目的ホールと音楽室兼集会室、東の間、西の間、料理講習室の貸し出しを再開。「サンファーム三条」は多目的交流研修室兼視聴覚室、調査室、和室(大)、同(小)の貸し出しを再開する。

あわせて「サンファーム三条」では、毎週土曜の午後2時から4時までテラスで開設している「ふれあい夕市」を再開、スタートは6月4日。毎月第2土曜の新鮮な野菜があたるサービスデーもあわせて実施する。

6月1日に貸し出しを再開する三条市勤労青少年年ホーム「ソレイユ三条」
6月1日に貸し出しを再開する三条市勤労青少年年ホーム「ソレイユ三条」

三条市は「ソレイユ三条」で3月16日、「サンファーム三条」で同17日に避難所を設置。いずれも一部を除いて機能を停止する形で避難した人たちを受け入れてきたが、2カ月半ぶりに元通りの姿に戻る。

それぞれの館内の清掃を行うなどして再開の準備を進めている。「ソレイユ三条」は、避難している人たちの居住空間だったが体育館の床が、畳が敷き詰められていた部分の光沢がなくなった。湿気が原因と見られ、終わって見ればあっという間だったようにも思える避難所開設だが、くっきり残る畳の痕跡が2カ月半の時の長さを象徴している。

ソレイユ三条の体育館の床は、畳が敷き詰められていた写真上半分の部分は光沢がなくなった
ソレイユ三条の体育館の床は、畳が敷き詰められていた写真上半分の部分は光沢がなくなった
関連リンク

spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

...詳細


燕三条じばさんお盆フェア2019 - 燕三条地域の地場産センター 燕三条地場産業振興センター
「しただ×夏野菜」うんめもんフェア〜8/31 道の駅「漢学の里しただ」 8/4鮎のつかみ取り、8/10〜15盆花フェアー、8/24大蛇がやってくる
サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
スポンサードリンク

■Copyright (C) kenoh.com Allrights Reserved.
三条・燕、県央の情報「ケンオー・ドットコム」kenoh.com