洋画の燕市・平松美次代さんが小品展、これにあわせたかのように4回目の県展奨励賞受賞の知らせ (2011.6.2)

取材依頼・情報提供はこちら

スポンサードリンク

1日から30日まで和風喫茶&ギャラリー「茶房 若狭や」=燕市秋葉町1=で、行動美術協会会友で洋画を描く平松美次代さん(66)=燕市殿島1=の小品展が開かれている。前日まで行われた第66回新潟県美術展覧会(県展)審査で平松さんは4回目となる奨励賞を受賞し、思いがけず受賞記念展ともなっている。

和風喫茶&ギャラリー「茶房 若狭や」で小品展を開いている平松さん
和風喫茶&ギャラリー「茶房 若狭や」で小品展を開いている平松さん

展示している作品は、6号から10号の15点。小品展に向けて今の時期に咲く花を中心にバラ、コデマリ、ユリ、アジサイ、ホタルブクロ、フクジュソウなどをモチーフに描いた。画材にアクリル絵の具やガッシュ、透明や不透明の水彩絵の具などを駆使した水彩で、それぞれの特徴を生かして描いている。

「こうでなければならないということはない。自由でいいんじゃないか」、「見たままを描くのは好きじゃない」と平松さん。庭でさまざまな花を作る。花から得たイメージを平松さんのフィルターを通し、あらためて再構築して描く。

左が『ばら』、右が『六月の頃』
左が『ばら』、右が『六月の頃』

自分で描いた作品を前に「こんな緑色のアジサイはない」と笑う。平松さんの頭に記憶されたイメージだけではなく、平松さんがこうあってほしい、見たいと願う花を生み出している。

学生のころから絵が好きで、「勉強がいやで美術部にいました」。その後も小中川公民館のサークル活動などに参加し、本格的に絵筆をとるようになったのは40歳を過ぎたころから。県展に挑戦するようになった。

左が『こでまり』、右が『ばら』
左が『こでまり』、右が『ばら』

代表的なモチーフは薬品などが入った一斗缶。そのモチーフでことしの県展の出品作『私の所感』で4回目の奨励賞に輝いた。昨年の県展は新潟県美術振興賞を受賞。中央の行動美術協会会友、新潟県美術家連盟会員で燕市展無鑑査、燕市美術協会会員でもあり、燕市の美術グループ創象会にも所属する。

県展賞奨励賞の受賞には、たくさん取っても仕方ないが、「続けて取ることには意義がある。続けることがいかに大変か。続けてきたからこそ、今の結果があると思います」と言う。

「賞をもらえば苦しくなる」、「周囲からもその枠で見られるのでだんだん切ない。昨年より良くなければならないと」。追い込まれることが向上につながり、今は「苦しみでもあり、楽しみでもあり」と達観する。

平松さんの作品が壁を飾る「茶房 若狭や」
平松さんの作品が壁を飾る「茶房 若狭や」

まとまった数の自身の作品を展示するのは、数年前に弥彦村のギャラリーで個展を開いて以来。「絵の積み重ね、日々の積み重ねの結果です」。今の平松さんを作品から感じてもらっている。

営業時間は午前10時から午後6時まで、毎週火曜と第2、第4水曜は定休日、会期中の休みは5、6、7日と14日、21、22日、28日。問い合わせは同店(電話:0256-62-2285)へ。

関連リンク

spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

...詳細


#三条エール飯で飲食店を応援しよう/三条市
サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
帯織住宅団地/三条市 JR帯織駅前に位置し、目の前に田園風景が広がる静かな住宅団地 全85区画
空間除菌システム - 梨本商店
燕三条ものづくりメッセ2020|公式ホームページ | 燕三条ものづくりメッセ2020のホームページです。
スポンサードリンク

■Copyright (C) kenoh.com Allrights Reserved.
三条・燕、県央の情報「ケンオー・ドットコム」kenoh.com