「レストラン メッセピア」が25、26日と1日30食限定で「地場産ランチ」を販売、県央地域の夏野菜たっぷりメニューを燕産の高級カトラリーで味わう (2011.6.23)

取材依頼・情報提供はこちら

スポンサードリンク

燕三条地場産業振興センターが運営する「レストラン メッセピア」は25、26の2日間、1日30食限定で「地場産ランチ」を販売し、県央地域の夏野菜をたっぷり使った新メニューを燕産の高級カトラリーで味わってもらう。

燕三条地場産業振興センター「レストラン メッセピア」が25、26の2日間、1日30食限定で販売する県央地域の夏野菜をたっぷり、燕産の高級カトラリーで味わう「地場産ランチ」
燕三条地場産業振興センター「レストラン メッセピア」が25、26の2日間、1日30食限定で販売する県央地域の夏野菜をたっぷり、燕産の高級カトラリーで味わう「地場産ランチ」

「地場産ランチ」は、食材からカトラリーまで、地産地消にこだわって開発した限定メニュー。「地元野菜のステーキと越の鶏のステーキ」、コシヒカリに古代米「紫宝」をブレンドして梅干しを加えた「古代米のライス」、冷静スープ風の「かぼちゃとトマトのすり流し」、ドリンクの「初夏」をイメージしたセットで980円。2日間とも午前11時から午後6時までの提供だが、限定30食がなくなれば終わる。

地元野菜のステーキは、燕三条産の丸ナスで玉ねぎをサンドしたステーキにオオバをトッピング。赤と黄のパプリカのグリル、プチトマトとマッシュポテトを添え。ワンプレートに盛り付けた新潟地鶏「越の鶏」のステーキにトッピングは緑のキュウリのグリルと彩も鮮やかで、さっぱりとして食の進む黒酢のソースとともに味わう。

成人が1日に必要な野菜の摂取量350グラムとされるが、採れたての地元野菜をたっぷり使った同ランチ1人分で野菜300グラムを摂取できる。

そしてランチを口へ運ぶカトラリーは、ことし「金属洋食器製造100周年」の日本金属洋食器工業組合の寄付するナイフやフォーク、スプーンなど極上のカトラリーを使う。

「地場産ランチ」は、季節にあわせて内容を変更し、数カ月に1度のペースで発表、提供したいとしており、今後、継続していく考え。また、洋食器工業組合からの寄付は、8社が協賛しており、毎回、内容に合わせたカトラリーを用意する。

同レストランの吉田ゆかりマネージャーは、「市外の方はもちろんですが、地域の人たちにも、おいしい地元食材を味わっていただければ」と来店を呼びかけている。

関連リンク

spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

...詳細


#三条エール飯で飲食店を応援しよう/三条市
サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
帯織住宅団地/三条市 JR帯織駅前に位置し、目の前に田園風景が広がる静かな住宅団地 全85区画
空間除菌システム - 梨本商店
燕三条ものづくりメッセ2020|公式ホームページ | 燕三条ものづくりメッセ2020のホームページです。
スポンサードリンク

■Copyright (C) kenoh.com Allrights Reserved.
三条・燕、県央の情報「ケンオー・ドットコム」kenoh.com