燕市児童研修館「こどもの森」で絵本作家、宮西達也さんによる講演会、約200人が来場する大入りで盛り上がる (2011.9.10)

取材依頼・情報提供はこちら

スポンサードリンク

燕市立図書館で9月16日から10月2日まで宮西達也絵本原画展が開かれるのを前に9日夜、燕市児童研修館「こどもの森」で絵本作家、宮西達也さん(54)による講演会が「にゃーごのやさしさ・ティラノのおもいやり」をテーマに開かれ、約200人が来場する大入りだった。

燕市児童研修館「こどもの森」で講演する絵本作家、宮西達也さん
燕市児童研修館「こどもの森」で講演する絵本作家、宮西達也さん

宮西さんは人形美術を手掛けた後、イラストレーター、そして絵本作家に転身。『にゃーご』(鈴木出版)や『おまえうまそうだな』(ポプラ社)を代表作に数多くの絵本を生み出し、『おまえうまそうだな』は昨年秋に映画化、全国ロードショー公開された。昨年秋にはテレビ朝日の黒柳徹子さんの冠番組『徹子の部屋』に出演している。

宮西さんはすらっとしたスタイルで、めがねにあごひげ、ボタンダウンシャツにチノパンで袖まくり。大きな身ぶり手ぶりでエネルギッシュな話す姿はとても50代には見えない若々しさだった。

約200人が来場していっぱいになった会場
約200人が来場していっぱいになった会場

絵本作家という机に向かって寡黙に作業している姿を想像するが、宮西さんは講演も数多くこなしているだけに、しゃべりもプロで、つかみもばっちり。今月は中国へも講演へ行くことになっている。

絵本の読み聞かせをしたり、ときにはキャラクターの人形を使って子どもたちを楽しませ、親に語りかけては子どもが飽きてきそうになったら再び読み聞かせというパターンを繰り返した。『まわるまわる』の読み聞かせでは、「回る、回る、何が回る?」と絵本の絵を指して子どもたちから答えてもらう、いわば絵本のコール&レスポンスで子どもたちを引きつけた。

絵本の読み聞かせをする宮西さん
絵本の読み聞かせをする宮西さん

もちろん『にゃーご』や『おまえうまそうだな』の代表作の読み聞かせも。『はらぺこおおかみとぶたのまち』では、子どもから「それ、持ってる!」の大きな声が上がり、宮西さんもにっこりだった。

その一方で、「お母さんは1ページだいたい0.8秒で読む。わたしは一晩かけて描いたんですよ。よく見て、皆さんの感性で読み取って読んでみてください」と絵に込めた思いをくみとってほしいと求めた。

おとな向けにも大きなジェスチャーで熱弁をふるう
おとな向けにも大きなジェスチャーで熱弁をふるう

さらに、「1日にひとつでも肯定的な言葉を増やし、否定的な言葉を減らしてください」、「子どもを変えようと言う人がいますが、子どもは変わりません」、「子どもは昔から変わってません。変わったのはおとなです」と絵本から子育てや教育、親子の関係などに対する持論へも話を展開させた。

また、いったん講演を終わってから、どうしてももうひとつ話したいと、8月初めに東日本大震災の被災地へ行った話をした。以前に講演をした岩手県大船渡市の学校が震災で避難所になっており、再び講演をしてほしいという要望を受けて現地へ向かった。

会場には笑顔がいっぱい
会場には笑顔がいっぱい

講演で子どもたちは笑顔にあふれたが、講演が終わると目の前で津波に流されていった家族を思い出して泣き出す子どもや戻す子どももいた。宮西さんは込み上げる思いをこらえ、「どうぞ、行ける人は行ってください」と被災状況を自分の目で確認してほしいと求め、「少しでも子どもたちの心のすき間を埋めてほしい」と願った。

講演後はサイン会で、宮西さんの前には行列。宮西さんは1分とかけずにあっと言う間に絵本のキャラクターと一緒にサインを書き、「ティラノ、描いてもらっちゃった!」と子ども以上にるんるんでご機嫌なお母さんもいた。

長い行列ができたサイン会
長い行列ができたサイン会
関連リンク

spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

...詳細


2019県央工高同窓会 6月14日(金)
三条信用金庫栄支店5月27日(月)オープン
いい湯らてい
サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
スポンサードリンク

■Copyright (C) kenoh.com Allrights Reserved.
三条・燕、県央の情報「ケンオー・ドットコム」kenoh.com