三条市9月定例会最終日、注目された第一中学校区一体校建設事業費を含む一般会計補正予算や条例の一部改正など原案通り可決、一体型校舎建設が決まる (2011.9.28)

取材依頼・情報提供はこちら

スポンサードリンク

三条市議会9月定例会の最終日28日、第一中学校区の一体校建設について反対運動が行われるなど関心が高まるなか、第一中学校区一体校建設事業費を含む一般会計補正予算や条例の一部改正などを原案通り可決し、3つの小学校と1つの中学校を1つにする一体型校舎の建設が決まった。

記名投票された賛成の白票と反対の青票を数える
記名投票された賛成の白票と反対の青票を数える

平成26年4月1日施行で、小中一貫教育推進に当たって一体型校舎を第一中学校で整備するために必要な「三条市立学校設置条例の一部改正」の採決では、記名投票を行った。議長を除いた25人が投票し、賛成14票、反対11票の3票差、賛成多数で可決した。

一般会計補正予算については、一体型校舎建設に関連した項目を削除した修正案を梶勉、佐藤和雄、横山一雄、西川哲司の4市議が連名で提出。同補正予算の採決の前に、この修正案について記名投票で採決したが、反対14票、賛成11票で否決となった。

採決前の7市議の討論を聞く松永悦雄教育長(左)と国定市長(右)
採決前の7市議の討論を聞く松永悦雄教育長(左)と国定市長(右)

また、採決を前に行われた討論には、7人の市議が発言し、第一中学区の小中一体校建設についてを中心に、賛成、反対の立場で意見を述べた。

午後2時過ぎの閉会後、国定市長は小中一体型校舎建設関連の議案の可決は「本当に教育の問題ですからいろいろな意見があったと思っている」と話し、そもそもの議論のスタートから3年近くがたつなかで「議論が尽くした中で、こうして民意が確定したということについては、ひとまずほっとしています」。

記名投票を行う市議
記名投票を行う市議

いろんな意見があったのも間違いなく、市長選でも多くの声を聞いたが、これまで数回の議会でもしっかりとした論戦が繰り広げられたという認識を示した。

民意が確定し、一中学区一体校建設を進めるなかでハード建設はもちろん、ソフト面、小中一貫教育のありようも大事に進めて行かなければならず、まだ多くの市民が感じる不安について意見を聞く一方、情報発信しながらより良い計画をつくりたいと話した。

採決が終わって深々と頭を下げる吉田副市長と国定市長
採決が終わって深々と頭を下げる吉田副市長と国定市長
関連リンク

spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

...詳細


燕市で仕事を探す。燕では働く魅力とは?
サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
スポンサードリンク

■Copyright (C) kenoh.com Allrights Reserved.
三条・燕、県央の情報「ケンオー・ドットコム」kenoh.com