10月2日まで加茂市「あとりえ きっか」で「石塚基之〜彫刻と水彩〜展」、元中学校美術教諭で中央でも活躍する田上町の彫刻家、石塚さんの作品を展示 (2011.9.28)

取材依頼・情報提供はこちら

スポンサードリンク

加茂市岡ノ町、貸しアトリエ「あとりえ きっか」では、28日から10月2日まで「石塚基之〜彫刻と水彩〜展」を開き、中学校の美術教諭を務めながら日展など中央でも活躍してきた田上町の彫刻家、石塚基之さん(75)の作品を展示する。

10月2日まで加茂市の「あとりえ きっか」で開かれる「石塚基之〜彫刻と水彩〜展」
10月2日まで加茂市の「あとりえ きっか」で開かれる「石塚基之〜彫刻と水彩〜展」

石塚さんは1935年に佐渡に生まれた。新潟大学芸能学部彫刻家を卒業し、日展をはじめ中央展での受賞歴は数えきれない。平成16年3月まで加茂市の七谷中、須田中、葵中で美術の非常勤講師を務めた。新潟県美術家連盟参事、新潟県彫刻会会員。

今回は近年、制作した「こども」シリーズを含む彫刻8点と水彩画11点の計19点を展示し、彫刻は見るだけでなく、ふれて楽しむこともでき、子どもからおとなまでだれでも気軽に鑑賞できる。

DSで遊ぶ子どもをモチーフに
DSで遊ぶ子どもをモチーフに

アトリエに入ってまず目に飛び込むのが、作品の黄、赤、青の鮮やかな彩色した、高さ60センチ余りの石こうを直付けした作品だ。タイトルは「紙袋を持っている子」。頭を大きくデフォルメし、ユーモラスな表情の子どもを立体化している。

水彩画作品
水彩画作品

彫刻でも中央の美術展で入賞した「蝉とりをしている兄弟」は、ブロンズ色1色のどっしりとした作品。水彩画でもピンク色や水色の優しい色合いの花や静物から、油絵のタッチのようで色のトーンを抑えた自画像や子どもたちを描く。柔らかなラインは共通だが、1人の作家とは思えないようなさまざまな表現方法の作品が並ぶ。

中央の美術展で入賞した「蝉とりをしている兄弟」
中央の美術展で入賞した「蝉とりをしている兄弟」

石塚さんは、新潟市・新潟県点字図書館で開かれた「ふれて楽しむ美術展」の出品も依頼されている。近年は視覚障害者も楽しめるアートを意識し、ふれて楽しめる形状を工夫している。午前10時から午後5時まで開場、入場は無料。

関連リンク

spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

...詳細


第34回国民文化祭・にいがた2019、第19回全国障害者芸術・文化祭にいがた大会、2019.9.15(日)〜11.30(土)
サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
帯織住宅団地/三条市 JR帯織駅前に位置し、目の前に田園風景が広がる静かな住宅団地 全85区画
スポンサードリンク

■Copyright (C) kenoh.com Allrights Reserved.
三条・燕、県央の情報「ケンオー・ドットコム」kenoh.com