『燕三条カレーラーメンの歌』を歌う燕市南小にゆかりのトリオバンド「矢代秀晴 & South Hills」が「熱血!オヤジバトル」東日本ブロックで第一次審査を通過 (2011.11.11)

取材依頼・情報提供はこちら

スポンサードリンク

平均年齢40歳以上のバンドが対象のアマチュアバンドコンテスト「熱血!オヤジバトル」の東日本ブロックの第一次審査の通過バンドが11日発表され、『燕三条カレーラーメンの歌』でエントリーした燕市のトリオバンド「矢代秀晴 & South Hills(サウス・ヒルズ)」が見事に第一次審査を通過した。

「熱血!オヤジバトル」の東日本ブロックの第一次審査を通過した『燕三条カレーラーメンの歌』を歌う「矢代秀晴 & South Hills」
「熱血!オヤジバトル」の東日本ブロックの第一次審査を通過した『燕三条カレーラーメンの歌』を歌う「矢代秀晴 & South Hills」

今回で第15回となる歴史あるコンテスト。3ブロックに分けた音源と書類でのエントリーによる第一次審査で、西日本14、中日本12、東日本17のバンドが予選を通過した。このあと、ブロックごとにネット投票とNHK審査枠で来年2月12日に福岡県で行われる決勝ライブの出場が決まる。

「矢代秀晴 & South Hills」のメンバーは、いずれも燕市に住むボーカルでギターの矢代秀晴さん(47)=南6=をリーダーにベースでコーラスの大原啓三さん(41)=南1=、ドラムの川上卓之さん(31)=殿島2=の3人バンド。矢代さんは昨年、燕三条ラーメン王国でリリースしたCD「カレーラーメンの歌」を作曲し、歌っている。

矢代さんと大原さんは燕市立南小学校の父兄で、川上さんは同校で学童保育の先生だった縁で、同校文化祭で一緒にPTAバンドを結成、出演したのをきっかけに3人でバンド活動を始めた。バンド名の「South Hills」は「南の丘」の意味で、同校グラウンドにある丘に由来する。

矢代さんの基本は、フォークギターの弾き語り。ふるさと燕市を愛する有志でつくる「夢工場」は2005年にご当地ソングを詰め込んだ矢代さんが歌う初のオリジナルCDアルバム「ダスケニ ラコテサ」を制作している。

第一次審査通過について矢代さんは一言「いいっすよね」。新潟県からの本戦出場はまだないようだ。決勝ライブ出場はネット投票で各ブロック1位とNHK審査で数組が決まる。矢代さんにとってこれから頑張れることはなく、結果を待つほかないが、ネット投票で矢代さんのバンドに1票でも多く投票が寄せられることに期待している。

関連リンク

spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

...詳細


燕市で仕事を探す。燕では働く魅力とは?
サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
スポンサードリンク

■Copyright (C) kenoh.com Allrights Reserved.
三条・燕、県央の情報「ケンオー・ドットコム」kenoh.com