特養ホーム「分水の里」で恒例のクリスマス・忘年会を開き、ボランティアや職員が次々と出し物を披露して過ごす (2011.12.24)

取材依頼・情報提供はこちら

スポンサードリンク

特別養護老人ホーム「分水の里」(横山稔園長・燕市新堀)は23日、毎年恒例のクリスマス・忘年会を開き、利用者から昼食を味わってからボランティアや職員による出し物を楽しんでもらった。

23日に特別養護老人ホーム「分水の里」で開かれたクリスマス・忘年会、分水商工会青年部による余興
23日に特別養護老人ホーム「分水の里」で開かれたクリスマス・忘年会、分水商工会青年部による余興

同ホームに併設する長期入所「さと」、短期入所「てまり」、デイサービス「さくら」、デイサービス「もみじ」の4カ所で同時に出し物を行い、出演者は各施設を順に回る感じで切れ目なく出し物を披露した。

給食にはそばとのっぺも
給食にはそばとのっぺも

外部からは燕市・分水商工会青年部、分水児童館の子どもたちによるダンス「童楽夢」、新潟盲学校に通いながら老人ホームなどで落語を披露する加藤健太君が出演。職員はハンドベルのほか、施設ごとに歌や踊りを披露した。

園内にはクリスマスツリーなどで飾り、職員はサンタクロースやトナカイの衣装でクリスマスを演出。昼食にはそばに郷土のお節料理、のっぺも並んで年夜や正月も先取り。クリスマス寒波の襲来で外は大荒れだったが、床暖房でぽっかぽかの園内はお祝いムードでいっぱいだった。

クリスマスのデコレーションで華やかな園内
クリスマスのデコレーションで華やかな園内
分水児童館の子どもたちによる「童楽夢」のダンス
分水児童館の子どもたちによる「童楽夢」のダンス

分水商工会青年部(久須美哲朗部長)は、部員3人でサンタの余興を披露し、すべての出し物が終わった後、さらに部員5人が加わり、同園から利用者へのマフラーなどのプレゼントを職員に代わってサンタにふんして利用者に手渡した。

同園のクリスマス・忘年会に参加するのは、ことしで13回目。当初はプレゼントを渡す役だけだったが、一昨年から余興も披露している。今回の演者は2人。サンタの衣装でひげダンスをまねてマジックと、中に入れた丸めた新聞紙が遠心力でこぼれないようにバケツを回す寸劇を演じた。

加藤君の落語
加藤君の落語
利用者と握手して回る分水商工会青年部の山田さん
利用者と握手して回る分水商工会青年部の山田さん

利用者は笑ったり手をたたいたりと大喜び。「こんが、わーけ(若い)とき、あったんだいの」と言い、「ありがとうございます」と手を合わせて感謝する人もいた。

初めて余興の舞台に立った青年部の家具店経営山田隆さん(35)=燕市下諏訪=は出演前に控え室でリハーサルし、「緊張してます」。しかしいざ舞台に立つと「イエー!」とノリノリで演じきったものの、4回立て続けの演技に「意外に疲れます」と上気してほおを赤くして笑顔だった。

関連リンク

spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

...詳細


#三条エール飯で飲食店を応援しよう/三条市
サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
帯織住宅団地/三条市 JR帯織駅前に位置し、目の前に田園風景が広がる静かな住宅団地 全85区画
空間除菌システム - 梨本商店
燕三条ものづくりメッセ2020|公式ホームページ | 燕三条ものづくりメッセ2020のホームページです。
スポンサードリンク

■Copyright (C) kenoh.com Allrights Reserved.
三条・燕、県央の情報「ケンオー・ドットコム」kenoh.com