燕三条青年会議所が1月例会を開いて五十嵐理事長を旗頭に新年度をスタート、スローガンは「万事全力」 (2012.1.8)

取材依頼・情報提供はこちら

スポンサードリンク

一般社団法人燕三条青年会議所(五十嵐利行理事長・会員120人)は6日、三条市・ハミングプラザビップ三条で1月例会を開き、五十嵐理事長を旗頭に新年度をスタートした。

落合直前理事長(左)から五十嵐理事長(右)へ胸にバッジをつけるセレモニー
落合直前理事長(左)から五十嵐理事長(右)へ胸にバッジをつけるセレモニー

例会のなかで理事長バッジの交換。昨年度理事長の落合孝夫直前理事長が五十嵐理事長の胸にバッジをつけるセレモニーで、同JC設立から15年の節目の2012年度、第16代の理事長職を移譲した。

五十嵐理事長は「万事全力」をスローガンに2012年理事長所信の基本理念を「先人が築き上げてきたものに感謝しながら我々が何をすべきかを考え、燕三条青年会議所らしく何事にも率先して全力で取り組む」とする。

あいさつする五十嵐理事長
あいさつする五十嵐理事長

五十嵐理事長はあいさつで、JC在籍8年でさまざまな運動や活動を行ったなか、このまちが変わったとは感じられないが、自分自身の成長に実感はあり、資質向上にもなったとJCの感謝した。

なかなかまちを変えられないのは、自分たちが成長できていないからかもしれず、JCを卒業する40歳までにまちを変えられるのではなく、自分自身が40歳までに学べたことで、将来的に変えて行くことと、JCの参加意義に対して自身の考えを示し、いつでも成長できるスタンスを意識し、どんなときでも一生懸命、全力でやってほしいと会員に求めた。

燕三条青年会議所の1月例会
燕三条青年会議所の1月例会

また、JCの活動をひとりでも多くの人にわかってもらうため今年度は広報に力を入れ、まちの財政についての認識、このまちの過去の災害、会員拡大など基本方針につながる内容について話した。

五十嵐理事長は、やりたいことは次々と出てくるが、今年度は、事業を多くするのではなく、ひとつひとつに集中し、そこで自分自身の成長を感じられるそんな一年にしていきたいと抱負を述べた。

各委員長には何かメンバーが会社に持ち帰られるものを考えてくれと言っている。自身も1年間、全力でやるのでサポートをと会員の協力を求めた。

関連リンク

spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

...詳細


#三条エール飯で飲食店を応援しよう/三条市
サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
帯織住宅団地/三条市 JR帯織駅前に位置し、目の前に田園風景が広がる静かな住宅団地 全85区画
空間除菌システム - 梨本商店
スポンサードリンク

■Copyright (C) kenoh.com Allrights Reserved.
三条・燕、県央の情報「ケンオー・ドットコム」kenoh.com