改修工事中の燕市・水道の塔が夕暮れになると冬の空に光で市松模様を描いたようなシルエットを浮かび上がらせて図らずも光のアートが出現 (2012.1.20)

取材依頼・情報提供はこちら

スポンサードリンク

燕市が国の登録有形文化財への登録を目指す旧配水塔=水道町1=、通称「水道の塔」では改修工事が行われているが、夕暮れになると冬の空に光で市松模様を描いたようなシルエットを浮かび上がらせる。

市松模様のようになった20日午後5時27分の水道の塔
市松模様のようになった20日午後5時27分の水道の塔

水道の塔は周囲を円筒形の足場に囲まれて覆われ、すっぽりとトイレットペーパーの芯をかぶせたような、水筒のような形に見える。元の水道の塔は上にいくほど細くなっているが、寸胴の足場が組まれてさらに大きく見え、元の姿を知る人ほどそのスケールの大きさを感じることができる。

夕暮れが見ものだ。午後5時前から光で市松模様のような模様が浮かび上がる。巨大な光のオブジェのようで、威容さえ感じさせる姿に目がくぎ付けになる。

夕暮れの空と光のアートのような風景に
夕暮れの空と光のアートのような風景に

もちろん装飾ではなく、足場の内側に設置された工事用の照明が、足場の四角いフレームで区切られて見えているだけ。日中から照明がついてるが、夜になるとそれが浮かび上がるというわけだ。

良く見ると無数の鉄パイプが這い、工場萌えも刺激するようなレトロフューチャー的な印象も。今だけのスペシャルな水道の塔の姿を記録しておこうと写真を撮りに訪れる人も多い。工期は3月15日までだが、それより前に足場が取り外されるはずで、今のうちに修復中の姿を目に焼き付けておきたい。

20日午後4時41分はまだ白い筒の様な姿のまま
20日午後4時41分はまだ白い筒の様な姿のまま

spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

...詳細


#三条エール飯で飲食店を応援しよう/三条市
サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
帯織住宅団地/三条市 JR帯織駅前に位置し、目の前に田園風景が広がる静かな住宅団地 全85区画
空間除菌システム - 梨本商店
スポンサードリンク

■Copyright (C) kenoh.com Allrights Reserved.
三条・燕、県央の情報「ケンオー・ドットコム」kenoh.com