三条市大崎小PTAが東日本大震災で三条市に避難している人たちのためと、三条市水害義援金にそれぞれ15万円ずつ、計30万円を寄付 (2012.2.10)

取材依頼・情報提供はこちら

スポンサードリンク

三条市立大崎小学校PTA(白鳥賢会長)は9日、東日本大震災で三条市に避難している人たちのためと、三条市水害義援金にそれぞれ15万円ずつ、合わせて30万円を寄付した。

 国定三条市長30万円を寄付する大崎小PTA
国定三条市長30万円を寄付する大崎小PTA

午後3時に、同PTAの白鳥会長、高橋正隆副会長、捧順子顧問、渡辺久美コミュニティ連絡員の4人が市役所を訪れて30万円を国定勇人市長に手渡した。

寄付金の内訳は、大崎小学校区の地域住民にも協力を呼びかけて4回行った廃品回収で得た7万4,560円と、昨年11月の大崎小学校文化祭「崎っ子発表会」のバザーの収益から22万5,440円でちょうど30万円。

同校PTAでは、昨年3月11日の東日本大震災発生後の役員会で、被災者に善意を届けようと議論した。募金活動が盛んだが、PTA活動として取り組むのなら、善意を「自分たちの手でつくりだして届けよう」というメッセージを子どもたちに伝えようと、4月から1年間の活動のなかで義援金をつくり、贈ることにした。

右が大崎小PTAの白鳥会長、左が高橋副会長、
右が大崎小PTAの白鳥会長、左が高橋副会長、

その後、平成23年新潟・福島豪雨で7.29水害が発生し、地元三条市も被災したため、半分は三条市水害義援金に充てることにした。

国定市長は、大崎小PTAや児童、地域の人たちの大勢の善意が集まった寄付に感謝した。大震災で今も三条市内に271人が避難しおり、初めての土地でこの冬の大雪を体験し、避難生活も間もなく1年を迎えるタイミングでの励ましは、被災した人たちに勇気を与えると、重ねて感謝した。

また、福島県浜通り北部の南相馬市など毎年夏に行われている国の重文「相馬野馬追(そうまのまおい)」の話題になると国定市長は、三条からバスを仕立てて見学に行ってみたいとも話していた。


spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

...詳細


2月25日は越後つばめの天神講
燕市で仕事を探す。燕では働く魅力とは?
サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
スポンサードリンク

■Copyright (C) kenoh.com Allrights Reserved.
三条・燕、県央の情報「ケンオー・ドットコム」kenoh.com