三条市内の5つの水墨画グループでつくる「五彩会」、3月13日まで済生会三条病院で第33回五彩展 (2012.2.18)

取材依頼・情報提供はこちら

スポンサードリンク

三条市内の5つの水墨画グループでつくる「五彩会」は、17日から3月13日まで三条市大野畑、済生会三条病院で第33回五彩展を開いており、構成するグループの会員が制作した水墨画を2階ギャラリーに展示して来院者から鑑賞してもらっている。

 3月13日まで済生会三条病院で開かれている第33回五彩展
3月13日まで済生会三条病院で開かれている第33回五彩展

五彩会は構成するのは、井栗の藤香会、塚野目の翠燿会、嵐北の東墨会、それに栄町水墨画会、保内水墨画会の5団体。それらの会の会員のうち30人の40点ほどを展示している。

水墨画が似合う雪に覆われた山や湖畔、冬囲いのモノトーンを描いた作品や花や鍾馗、観音や雲龍、それにスポーツ選手を描いた作品もあり、思い思いのモチーフで自由に表現している。

 井栗小6年生が描いた水墨画
井栗小6年生が描いた水墨画

また、協賛でシンガ人形会が絵画、関川デザインがイラスト、つくし折紙会が折り紙、三条市立井栗小学校が6年生が同会の指導で描いた水墨画も展示している。

左から五彩会顧問の難波さん、つくし折紙会の大沼さん、俳人協会会員の佐藤さん
左から五彩会顧問の難波さん、つくし折紙会の大沼さん、俳人協会会員の佐藤さん
 難波さんの「烏帽子岳」
難波さんの「烏帽子岳」
 大沼さんの「輿入れ」
大沼さんの「輿入れ」
佐藤さんの「俳趣」
佐藤さんの「俳趣」

同会は20年近く前に発足し、春と秋の年2回、五彩展を開いてたがいに勉強の成果を発表している。近年、春は同病院を会場にしており、五彩顧問で全日本中国水墨芸術家連盟に所属する難波和敏さん(75)=三条市塚野目=は「病院に見舞いに来る人にも楽しんでもらえ、水墨画にあまり関心のない人からも見てもらえるのがありがたい」。市外から見学に訪れる人も多く、曜日も関係なく鑑賞してもらえるのを喜ぶ。

「みんなで遊び半分かね。仲間意識を大切にしてやってます」と難波さん。初日17日は協賛のつくし折紙会の大沼幸江さん(70)=三条市井栗=や俳画を出品した俳人協会会員の佐藤伊久雄さん(78)=同市塚野目=とともに楽しみながら展示作業を行っていた。


spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

...詳細


2月25日は越後つばめの天神講
燕市で仕事を探す。燕では働く魅力とは?
サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
スポンサードリンク

■Copyright (C) kenoh.com Allrights Reserved.
三条・燕、県央の情報「ケンオー・ドットコム」kenoh.com