そば打ちの体験教室「三條ソバ工房」が3月10日にちそば打ちの特別教室を開き、講師は千葉県我孫子市・青山学舎の江戸流そば打ちの指導者、石野忠秋さん (2012.2.27)

取材依頼・情報提供はこちら

スポンサードリンク

そば打ちの体験教室「三條ソバ工房」=三条市塚野目6=は、3月10日午後1時から同工房でそば打ちの特別教室を開き、千葉県我孫子市・青山学舎の江戸流そば打ちの指導者、石野忠秋さんを講師にそば打ちを学んでもらう。

3月10日にそば打ちの特別教室を開くそば打ちの体験教室「三條ソバ工房」の清水さん
3月10日にそば打ちの特別教室を開くそば打ちの体験教室「三條ソバ工房」の清水さん

講師の石野さんは、千葉県でそば打ち教室を5教室開き、全麺協(全国麺類文化地域間交流推進協議会)地方審査員も務める。今回はそば打ちのデモンストレーションを行い、希望者に個人指導も行う。

午後1時から1時間ごとに3回開き、参加費は見学だけが500円、そば打ちは600グラム打ちが1,800円、1キロ打ちが2,500円。そば打ちの指導は各回定員5人で先着順で締め切る。

同工房は、自動販売機設置業の清水鐡夫さん(67)が2006年に開設した。ふだんは土、日曜の午前に教室を開き、講師は清水さんとその妻、寸恵さん。2人とも全麺協の素人そば打ち段位認定3段の腕前だ。

 清水さんが受講生と記念撮影
清水さんが受講生と記念撮影

三条市内にとどまらず燕市、加茂市、新潟市から訪れる人もあり、初めてそば打ちに挑戦する人から腕をあげたい、段位を取得しようと受講する人もいる。

三条市内では、常設のそば打ちの体験教室は珍しい。教室を開いたきっかけは、10年ほど前に寸恵さんと出掛けた福島県で、農家のそば打ち体験の看板を見つけたときのこと。飛び込みでそば打ちを初体験したのに始まる。

「将来の趣味にできる」と、さっそくそば打ちの道具を購入してそば打ちに熱中し、寸恵さんとともに段位を取得した。平日は本業、土、日曜は工房での体験教室のほか、全国で行われるそばの祭りに出店してそばを打つこともある。昨年は三条鍛冶まつりにも出店し、市内の人にもそばを味わってもらった。特別教室の受講申し込みや工房に関する問い合わせは同工房(電話:0256-38-2026)へ。


spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

...詳細


燕三条じばさんお盆フェア2019 - 燕三条地域の地場産センター 燕三条地場産業振興センター
「しただ×夏野菜」うんめもんフェア〜8/31 道の駅「漢学の里しただ」 8/4鮎のつかみ取り、8/10〜15盆花フェアー、8/24大蛇がやってくる
サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
スポンサードリンク

■Copyright (C) kenoh.com Allrights Reserved.
三条・燕、県央の情報「ケンオー・ドットコム」kenoh.com