[広告]3月2、3日と三条市総合福祉センターで新潟県子ども読書フォーラム「絵本とともに!!」、2日夜に絵本作家宮西達也さんの講演、3日にパフォーマンス「ムーラのひとりサーカス」 (2012.2.29)

取材依頼・情報提供はこちら

スポンサードリンク

新潟県子ども読書フォーラム実行委員会(武士俣昭司実行委員長)は、3月2、3の2日間、三条市総合福祉センターで新潟県子ども読書フォーラム「絵本とともに!!」を開き、2日夜に『おとうさんはウルトラマン』などで知られる絵本作家宮西達也さんの講演、3日はパフォーマンス「ムーラのひとりサーカス」や絵本のかえっこなど家族で楽しめるイベントを行う。

3月2、3の2日間、三条市総合福祉センターで開かれる新潟県子ども読書フォーラム「絵本とともに!!」のちらし
3月2、3の2日間、三条市総合福祉センターで開かれる新潟県子ども読書フォーラム「絵本とともに!!」のちらし

2日の講演は午後7時から総合福祉センターで「絵本の製作現場から〜子育ての父として」をテーマに1時間半の聴く。講師の宮西さんは、『おとうさんはウルトラマン』(学研刊)、『おまえうまそうだな』(ポプラ社)など子どもたちに人気の絵本作家で、6人の子どもの父親でもある。

昨秋、燕市で講演した宮西達也さん
昨秋、燕市で講演した宮西達也さん

仕事で日中に時間のとれない若い親に聴いてもらおうと夜に開く。参加費はおとな500円、子どもは無料。申し込みの必要はなく参加したい人は直接、会場へ出向く。

3日のイベントも総合福祉センターを会場に午前10時から午後3時まで開く。参加費はおとなも子どもも1人100円。「ムーラのひとりサーカス」、「絵本のかえっこコーナー」、「やわらかな手ざわりの布絵本」、「愉快な絵本ライブ」、「みんなでつくろうのコーナー」、「世界のカブトムシ・クワガタ展」をはじめ、ペープサート、自分の将来の夢でつくる手作り絵本、五色百人一首、カロム大会などを行う。また、昼食用に先着250食のおむすびと豚汁を用意し、なくなったら終わる。

ちらしの裏面
ちらしの裏面

「ムーラのひとりサーカス」は午後1時半から2時半まで。パフォーマーのムーラさんがパントマイムやジャグリング、背よりも高い一輪車などが登場するハラハラドキドキのスペシャルサーカス。「絵本のかえっこコーナー」は、いらなくなった絵本や本を持参して、好きな本と交換できるコーナー。ただし漫画本は除く。

問い合わせは、三条市民活動支援センター(三条市役所第二庁舎内、電話・FAX:0256-34-8960)内の事務局で午前9時から午後6時まで受け付けている。

関連リンク

spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

...詳細


2月25日は越後つばめの天神講
燕市で仕事を探す。燕では働く魅力とは?
サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
スポンサードリンク

■Copyright (C) kenoh.com Allrights Reserved.
三条・燕、県央の情報「ケンオー・ドットコム」kenoh.com