3日に燕市吉田産業会館で「元気まつり2012」、燕市民が主役の「元気磨きたい」が9つのプロジェクトを立ち上げて取り組んだ成果を市民に体験してもらう (2012.3.2)

取材依頼・情報提供はこちら

スポンサードリンク

燕市民が主役の「元気磨きたい」が、元気を増進させるプロジェクトを立ち上げて1年間、取り組んだ成果を市民から体験してもらう「元気まつり2012」を3日午後1時半から燕市吉田産業会館で開くので、市民の参加を呼びかけている。

3日開かれる「元気まつり2012」のパンフレット
3日開かれる「元気まつり2012」のパンフレット

今年度、立ち上げたプロジェクトは「花☆はな宅急便」、「劇団 花咲か でんでん(むし)」、「燕の男性を元気にする会」、「スマイル食LOVE」、「つばめGO!GO!バスツアー」、「にこっち体操」、「にこっちウォーキング燕」、「健笑にこにこ運動TAI」、「ぽかぽかパークdeこんにちは」の9つ。それに佐渡市から参加の「しまびと元気応援団」を加えた10のプロジェクトを体験してもらう。

オープニングのあと、10のプロジェクト体験会をいっせいに午後2時10分から、2時45分から、3時20分からの3回行う。参加した人は各回、好きなプロジェクトを選んで体験できるというわけだ。最後にクロージングを行い、4時半に終わる。

市民主役の健康づくりをと2008年3月に燕市健康増進計画「磨け!磨け!元気プランつばめ」が策定された。健康といういうと病気と対になっているイメージが強いが、大切なのは病気と元気のバランス。病気の予防と同時に元気を増進する必要があるとして、市民を中心に構成する「元気磨きたい」が発足し、今年度で4年目になる。

「元気まつり2012」の準備を急ぐ健康づくり課職員ら
「元気まつり2012」の準備を急ぐ健康づくり課職員ら

年度ごとにプロジェクトを立ち上げ、必要なら次年度も継続するプロジェクトもある。各プロジェクトの活動内容を市民に周知する一方、来年度の「元気磨きたい」への参加募集をと昨年から「元気まつり」を開いている。

昨年は約200人が参加があり、ことしはさらに集客に力を入れている。現在、会員は60歳代の女性が中心だが、男性の会員も増えている。「最初から最後までいてもらえると、より楽しいはず」と担当の市健康づくり課。「来年度は自分もやってみたいと思うような人も待っています」とまずは体験への参加を呼びかけており、同課あげて元気まつりの準備を進めている。問い合わせは燕市保健センター(電話:0256-63-4001)か、燕市吉田保健センター(電話:0256-93-5461)、燕市分水保健センター(電話:0256-98-6112)へ。


spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

...詳細


燕三条じばさんGWフェア2019 4月27日(土)〜5月6日(月) 道の駅燕三条地場産センター
サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
スポンサードリンク

■Copyright (C) kenoh.com Allrights Reserved.
三条・燕、県央の情報「ケンオー・ドットコム」kenoh.com