三条マルシェで販売した缶バッジとマグネットの収益の一部7,527円を7.29豪雨災害の義援金として三条市に寄付 (2012.3.3)

取材依頼・情報提供はこちら

スポンサードリンク

三条マルシェ実行委員会は1日、今年度の「三条マルシェ〜ごった市@ホコテン〜」で販売した缶バッジとマグネットの収益の一部7,527円を7.29豪雨災害の義援金として三条市に寄付した。

三条マルシェの缶バッジとマグネットの収益から7,527円を7.29豪雨災害の義援金として国定勇人三条市長に手渡す三条マルシェ実行委員会の加藤さん
三条マルシェの缶バッジとマグネットの収益から7,527円を7.29豪雨災害の義援金として国定勇人三条市長に手渡す三条マルシェ実行委員会の加藤さん

同実行委員会の箕輪勲委員長と委員の加藤はと子さんの2人が市役所を訪れ、国定勇人市長に三条マルシェで製作した9種類の缶バッジとともに善意を手渡した。

缶バッジ製作は、市民参加型の「三条マルシェ」を目指し、市民から気軽に協賛してもらい、参加者に遊び心と楽しさを提供し、収益を運営費に充てようと企画。デザインは「I?三条」やカレーラーメンの写真、六角凧など三条のイメージ、さらに「三条マルシェ」をイメージしたイラストなど計9種類を製作した。

左から加藤さん、国定市長、箕輪実行委員長
左から加藤さん、国定市長、箕輪実行委員長

缶バッジとマグネットはそれぞれ1個200円。今年度の7回の三条マルシェのうち、昨年9月と10月、ことし1月の3回の会場で合計1,434個、28万6,800円を販売し、経費などを差し引いた収益の5%を寄付に充てた。

国定市長は、「すごいですね、売りまくりましたね」、「皆さんのおかげで、ここまでマルシェが流行るとは」と大勢の協力に感謝。さらに、今後は『六斎市×マルシェ』の考えなど、今までのイベントから日常生活に近づけていくような次のステージ向かうと話し、「来年度はもっとねじを巻くので、ついてきてください!」と、さらなる協力を求めた。


spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

...詳細


2月25日は越後つばめの天神講
燕市で仕事を探す。燕では働く魅力とは?
サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
スポンサードリンク

■Copyright (C) kenoh.com Allrights Reserved.
三条・燕、県央の情報「ケンオー・ドットコム」kenoh.com