東日本大震災からちょうど1年になる11日、三条市は追悼式典、燕市は第4回交流会で犠牲者を追悼、午後2時46分に黙とう (2012.3.7)

取材依頼・情報提供はこちら

スポンサードリンク

東日本大震災からちょうど1年になる11日、三条市では総合福祉センターで追悼式典、燕市では第4回交流会が行われ、震災で犠牲になった人たちを追悼する。

避難者応援情報紙「浜通り×さんじょうライフ Vol.44」に掲載された東日本大震災から1年の追悼式典の案内
避難者応援情報紙「浜通り×さんじょうライフ Vol.44」に掲載された東日本大震災から1年の追悼式典の案内

三条市では、午後1時から総合福祉センター内にある避難者交流拠点施設「交流ルームひばり」の企画で「がんばって 生きっぺ! 東日本大震災から1年ー鎮魂・感謝ー」と題して追悼式典が行われる。

市内に避難している人のほか市民の参加も呼びかけ、地元の三小相承会による三条太鼓、きよ里 with トシ遠藤による三線と歌のアトラクションのあと、震災発生時刻の2時46分から黙とう。続いて被災者代表の言葉、国定勇人市長の追悼の言葉、献花、風船飛ばしを行って3時45分に終わる。風船飛ばしでは、風船に願いや思いを書いた短冊を下げて飛ばす。

燕市では、午後0時半から燕市温泉保養センター「てまりの湯」で燕市被災者サポートセンターが第4回交流会「3.11の集い」を開く。市内に避難している人たちを招待し、交流してもらおうという企画。参加費無料で昼食弁当付き、入館料込みで無料で入浴できる。

市内に避難している人のうち31人が参加し、鈴木力市長も出席し、2時46分から黙とうを行う以外、とくにアトラクションは行わず、語らいの場としてもらう。

また、三条凧協会では11日午後2時46分にあわせて三条競馬場跡地で東日本大震災追悼凧揚げを行う。宮城県の仙台凧の会が凧仲間に呼びかける「凧・絆プロジェクトー全国(世界)同時復興・慰霊凧揚げ」に参加する形で行い、当日は温かいものを先着100人にふるまう。雨降りなら中止。


spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

...詳細


2月25日は越後つばめの天神講
燕市で仕事を探す。燕では働く魅力とは?
サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
スポンサードリンク

■Copyright (C) kenoh.com Allrights Reserved.
三条・燕、県央の情報「ケンオー・ドットコム」kenoh.com