全日本空手道連盟ナショナルチームの有志による空手道の東日本大震災復興支援チャリティセミナー「Say Oss! Vol.10 in 新潟」が10日、燕市で開かれ、県内各地から約200人が参加 (2012.3.11)

取材依頼・情報提供はこちら

スポンサードリンク

全日本空手道連盟ナショナルチームの有志による空手道の東日本大震災復興支援チャリティセミナー「Say Oss! Vol.10 in 新潟」が10日、燕市・スポーツランド燕で開かれ、県内各地から小中学生と高校生を中心に約200人が参加して国内を代表する空手家の指導を受けた。

 10日開かれた全日本空手道連盟ナショナルチームの有志による空手道の東日本大震災復興支援チャリティセミナー「Say Oss! Vol.10 in 新潟」
10日開かれた全日本空手道連盟ナショナルチームの有志による空手道の東日本大震災復興支援チャリティセミナー「Say Oss! Vol.10 in 新潟」
古川哲也さん
古川哲也さん
國分利人さん
國分利人さん
土屋秀人さん
土屋秀人さん
 亀山歩さん
亀山歩さん
月井新さん
月井新さん
遠山栄一郎さん
遠山栄一郎さん

セミナーは東日本大震災で被災した人たちを継続的に応援するチャリティープロジェクト、Say Oss!プロジェクトの取り組みの一環。全国各地でセミナーを開いて参加費やTシャツなどのグッズ販売し、東日本大震災の義援金に充てている。

この日は10回目の新潟会場。ナショナルチームOBでは古川哲也さん、國分利人さん、土屋秀人さん、亀山歩さん、有志で月井新さんや遠山栄一郎さんらが指導者として参加した。

技を繰り出すときのイメージや技を大きく見せるための構えの大切さなどをまさに手本を披露しながら指導した。空手会の至宝ともいえるあこがれの空手家を前に下は幼稚園児からの子どもたちは緊張した表情で指導を受け、白い息を吐いてけいこを繰り返した。

地元の空手の指導者も「これだけの選手に教えてもらう機会はめったにないことですから」と子どもたち以上に目を輝かせ、理論立てて「基本からきちっと説明してくれる」と感心。相手の手をブラインドに利用したり、足首をわずかに動かしただけで動作が大きく変化したりといった目からうろこの指導も多く、「若いころから聞いていれば」と残念がる人もいた。

関連リンク

spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

...詳細


2月25日は越後つばめの天神講
燕市で仕事を探す。燕では働く魅力とは?
サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
スポンサードリンク

■Copyright (C) kenoh.com Allrights Reserved.
三条・燕、県央の情報「ケンオー・ドットコム」kenoh.com