宮城県・仙台凧の会の「凧・絆プロジェクト」に賛同して三条凧協会も震災から1年の11日、東日本大震災追悼凧揚げを行って慰霊と復興への願いを込める (2012.3.12)

取材依頼・情報提供はこちら

スポンサードリンク

三条凧協会(近藤吉昭会長)は東日本大震災から1年の11日、三条競馬場跡地で「東日本大震災追悼凧揚げ」を行い、同協会の19の凧組と市民合わせて200人近くが参加して慰霊と復興への願いを込めて三条六角巻凧を揚げた。

 東日本大震災から1年の11日、三条競馬場跡地で行われた「東日本大震災追悼凧揚げ」
東日本大震災から1年の11日、三条競馬場跡地で行われた「東日本大震災追悼凧揚げ」

宮城県の仙台凧の会がインターネットなどを通じて全国の凧仲間に呼びかけた「凧・絆プロジェクトー全国(世界)同時復興・慰霊凧揚げ」に賛同して行ったもの。午後2時に開会し、朝方の青空が薄曇りに変わったもの雨の心配はなかった。

競馬場跡地はまだ雪が残り、遠くに雪に覆われた粟ヶ岳が輝いた。近藤会長はあいさつで、今まで季節はずれの冬に凧揚げをしたことはなかったが、仙台の呼びかけに応じて東日本大震災の犠牲者の冥福を祈り、追悼の意味を込めた特別な凧揚げになると思いを話した。

追悼の気持ちを込めた無地の白い凧
追悼の気持ちを込めた無地の白い凧
「絆」や「がんばろう日本!」と描かれた同協会制作の凧
「絆」や「がんばろう日本!」と描かれた同協会制作の凧

地震発生時刻の2時46分に車のクラクションを鳴らし、それを合図に一斉に凧を揚げた。凧は慰霊の意味の何も描かれていない白い凧、昨年製作した「絆」や「がんばろう日本」の文字のある同協会の六角巻凧をはじめ、各凧組の六角凧にも「がんばれ東北」、「がんばろう日本 東日本大震災復興支援」などの文字があった。

一般参加の市民も白い小凧がプレゼントされて一緒に凧揚げした。


spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

...詳細


サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
スポンサードリンク

■Copyright (C) kenoh.com Allrights Reserved.
三条・燕、県央の情報「ケンオー・ドットコム」kenoh.com