「春の宵〜ブルースハープとピアノの出逢い」でピアノの大友剛さんと寺泊出身のブルースハープの倉井夏樹さんが初共演、百人が来場して春の調べを堪能 (2012.3.19)

取材依頼・情報提供はこちら

スポンサードリンク

NPO法人三条おやこ劇場(兼古和枝理事長)と音楽イベントなどを企画するグループ「わくわくパレット」は17日、三条東公民館で「春の宵〜ブルースハープとピアノの出逢い」を開き、約100人が来場して大友剛さんのピアノと長岡市寺泊出身の倉井夏樹さんのブルースハープの共演で春のメロディーを楽しんだ。

17日に三条東高民間で開かれた「春の宵〜ブルースハープとピアノの出逢い」
17日に三条東高民間で開かれた「春の宵〜ブルースハープとピアノの出逢い」

大友さんはこれまでも何度か三条市や燕市を訪れており、昨年11月にも三条市下田公民館で開かれた「親子で楽しむJAZZコンサート」に「MGQ」ことモダン・ギャグ・カルテットのメンバーの一員として参加。倉井さんは小学生時代から倉井さんは全国にその名を知られるブルースハープ奏者で、今は神奈川県横浜市に住んで演奏活動を続けている。

2人はセッションしたことはあるが、今回が初めての本格的な共演。リハーサルは1度、前日に行っただけだが、そこは2人ともセッションプレーヤーだけに、音楽で会話しながらインプロビゼーションもたっぷりにクオリティーの高い演奏を聴かせた。

寺泊出身のブルースハープの倉井夏樹さん
寺泊出身のブルースハープの倉井夏樹さん
三条市や燕市でもおなじみのピアニスト、大友剛さん
三条市や燕市でもおなじみのピアニスト、大友剛さん

倉井さんは大友さんより一回り年下の23歳だが、地元でもあり、倉井さんが主にMCを担当。演奏の合間には、ひとつの穴で5つの音程を出せる10ホールズハーモニカや半音ずつ出せるクロマチックハーモニカなどハーモニカの種類の紹介も。

「ハーモニカでチェロやバイオリンのような音を出す研究もしている」と倉井さん。自身で「チェロハープ」と命名しており、目をつぶって聴くと弦楽器と間違えてしまう音色に来場者は驚いていた。

オーストラリアのステュー・ラーセンさんが飛び入り
オーストラリアのステュー・ラーセンさんが飛び入り

『上を向いて歩こう』などおなじみの曲の演奏もあり、さらに再来週から倉井さんも参加してオーストラリアでツアーを行うオーストラリアの有名なシンガー、ステュー・ラーセンさん(31)がアコースティックで弾き語りをする飛び入りもあり、春到来を告げる特別な夜だった。

関連リンク

spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

...詳細


2月25日は越後つばめの天神講
燕市で仕事を探す。燕では働く魅力とは?
サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
スポンサードリンク

■Copyright (C) kenoh.com Allrights Reserved.
三条・燕、県央の情報「ケンオー・ドットコム」kenoh.com