新潟市出身の絵本作家、黒井健さんが原画を描いた「つばめっ子かるた」が完成してお披露目会、21日午後1時半からはギャラリートーク (2012.3.21)

取材依頼・情報提供はこちら

スポンサードリンク

燕市が合併5周年でスタートした「燕はひとつプロジェクト」の一環で、安心こども基金を利用して作成した「つばめっ子かるた」が完成、21日午前10時から燕市立西燕保育園(北村文江園長)でその完成お披露目会を開いた。

西燕保育園で開かれた「つばめっ子かるた」の完成お披露目会
西燕保育園で開かれた「つばめっ子かるた」の完成お披露目会

原画を制作した新潟市出身の絵本作家、黒井健さん(64)と、取り札の文字を書いた地元燕市の書家、長谷川白楊さん(72)も参加。年長児39人でかるた大会を開き、さっそく完成した271×250ミリの絵札を取り合い、同席した鈴木力市長や藤沢健一教育長も園児と一緒に挑戦した。

原画を制作した絵本作家、黒井健さんが子どもたちの目の前で「ころわん」を描く
原画を制作した絵本作家、黒井健さんが子どもたちの目の前で「ころわん」を描く

黒井さんは子どもたちの目の前で人気シリーズの主人公、イヌの「ころわん」の絵も描いてくれた。黒井さんはこれまでも子どものしつけを題材にしたかるたは何度も描いているが、土地柄を題材したのは初めて。「題材が題材なので戸惑いました。方程式から外れていたので難しかった」と話していた。

 長女が描いた「ころわん」の絵を披露する藤沢教育長
長女が描いた「ころわん」の絵を披露する藤沢教育長

また、藤沢教育長の小学校4年の長女が「ころわん」の大ファンで、長女が描いた「ころわん」の絵を子どもたちの前で披露し、燕市に黒井さんのかるたができたことを「夢のようなこと」と感激していた。

披露したかるたは100セット、それより小さい84×65のかるたは5,000セットを作成。3月末までに市内の公私立保育園、幼稚園、児童館、小学校すべてに配布する。今年度の事業費は約900万円。

「つばめっ子かるた」の化粧箱を手に北村園長
「つばめっ子かるた」の化粧箱を手に北村園長

このあと午後1時半から燕市文化会館展示ホールで原画・原書展示会と黒井さんを講師にギャラリートークが行われる。展示会は23日まで。

関連リンク

spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

...詳細


2月25日は越後つばめの天神講
燕市で仕事を探す。燕では働く魅力とは?
サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
スポンサードリンク

■Copyright (C) kenoh.com Allrights Reserved.
三条・燕、県央の情報「ケンオー・ドットコム」kenoh.com