弥彦村の「らーめん たかみち」が初めて「つばめ福寿園」の入所者にラーメン124杯をふるまう (2012.3.29)

取材依頼・情報提供はこちら

スポンサードリンク

弥彦村矢作、「らーめん たかみち」(増田貴道社長)は29日、特別養護老人ホーム「つばめ福寿園」=燕市佐渡=などを慰問し、「まごころ宅配便 ハートフルラーメン in つばめ福寿園」と名付けて入所するお年寄りらにラーメンを無料でふるまった。

初めて「つばめ福寿園」を慰問してラーメンをふるまう「らーめん たかみち」
初めて「つばめ福寿園」を慰問してラーメンをふるまう「らーめん たかみち」

昼食の時間にあわせて「らーめん たかみち」から店員や家族6人が同園を訪れ、増田社長は甘エビとユズが香るどこか懐かしいしょうゆラーメンを「心を込めて作りますんで、ゆっくりと味わって楽しんでください」とあいさつ。さっそく同ホームの厨房を借りて調理した。

ラーメンを食べられない人もあり、用意したラーメンは福寿園の入所者100人のうち40人とショートステイ利用者やデイサービス利用者、職員の分も含めて124杯。のどを詰まらせないよう、入所者にあわせてめんを刻んだり、とろみをつけたりとカスタマイズした。

昼食前に入所者にあいさつする「らーめん たかみち」の増田社長ら
昼食前に入所者にあいさつする「らーめん たかみち」の増田社長ら

入所者100人のうち普通食は20人だが、ラーメンは希望した40人が味わった。ラーメン大好きなおばあさんは、この日の朝食をあえて残して腹を減らしてラーメンを食べ、「おいしいです!」と大喜びだった。

増田社長は県内のラーメン店店主でつくるネットワーク「新潟ラーメンおやじの会」に所属し、会でもボランティア活動を行っている。昨年1月に祖母が同ホームに入所したのがきっかけて初めて同ホームをラーメン慰問。タイトルの「まごころ宅配便…」も同店で考えた。


spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

...詳細


2月25日は越後つばめの天神講
燕市で仕事を探す。燕では働く魅力とは?
サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
スポンサードリンク

■Copyright (C) kenoh.com Allrights Reserved.
三条・燕、県央の情報「ケンオー・ドットコム」kenoh.com