三条市医師会准看護学院が第49期生入学式、倍率2倍の難関を突破した33人が入学して准看護師を目指す (2012.4.5)

取材依頼・情報提供はこちら

スポンサードリンク

三条市医師会准看護学院(池田稔学院長)は、5日午後1時半から三条市総合福祉センターで第49期生入学式を行い、准看護師を目指す33人が入学した。

 5日開かれた三条市医師会准看護学院の第49期生入学式
5日開かれた三条市医師会准看護学院の第49期生入学式

今期も例年並みの倍率2倍、66人が受験した。その難関を突破した18歳から30歳代の男11人、女22人の計33人の入学生がスーツを着て出席したほか、水色の実習着を着た2年生26人や新入生の家族も出席して入学を祝った。

式辞を述べる三条市医師会准看護学院の池田学院長
式辞を述べる三条市医師会准看護学院の池田学院長

池田学院長は式辞で、「決して緩めずに厳しく指導します」、「看護師はやりがいのある仕事だと思います、ただそれには重い責任が伴います」と述べ、厳しさのなかでも看護師の基本は患者に対する笑顔であり、元気に頑張っていこうと激励した。

新入生代表で宣誓する若林さん
新入生代表で宣誓する若林さん

新入生代表で若林史宏さん(32)=新潟市=が登壇し、池田理事長に向かって宣誓。目指す看護の道は想像以上に困難な道と思われるが、先生や先輩の指導を受け、同じ志の仲間とともにひとつひとつ困難を乗り越え、「育ってきた地域に貢献できるよう努力したい」。また、家族、友人たちなど支えてもらっている人たちに感謝するとともに、これからは支えになれるように努力すると誓った。

新入生は翌6日から授業を開始。座学や学内実習を行い、10月の継燈式で上級生の着ている実習着を着用し、翌年から病院での実習を行う。

関連リンク

spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

...詳細


第34回国民文化祭・にいがた2019、第19回全国障害者芸術・文化祭にいがた大会、2019.9.15(日)〜11.30(土)
サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
スポンサードリンク

■Copyright (C) kenoh.com Allrights Reserved.
三条・燕、県央の情報「ケンオー・ドットコム」kenoh.com