燕市・安了寺の県指定天然記念物「八王寺の白藤」の保存会「八王寺大白藤保勝会」が県、市の補助金を受けて大雪でつぶれたフジ棚の修理を開始 (2012.4.13)

取材依頼・情報提供はこちら

スポンサードリンク

燕市八王寺、安了寺境内の県指定天然記念物「八王寺の白藤」の保存会「八王寺大白藤保勝会」(大原大八会長)は13日、県や市の補助金を活用してフジ棚の修理とフジのせん定、整枝の工事を始めた。工事は27日までで、この冬の大雪で3分の2が崩壊したフジ棚は、5月中旬の開花を前に工事を終わることになった。

安了寺境内の県指定天然記念物「八王寺の白藤」の保存会「八王寺大白藤保勝会」が積雪でつぶれたフジ棚の修理を始める
安了寺境内の県指定天然記念物「八王寺の白藤」の保存会「八王寺大白藤保勝会」が積雪でつぶれたフジ棚の修理を始める

2月半ばに約600平方メートルのフジ棚のうち、境内の奥側の約400平方メートルが雪の重みでつぶれた。フジ棚の修理は柳原組が131万2,500円で請け負い、天然記念物保護増殖事業として県から54万2,000円、燕市から38万5,000円の補助を受け、残りの38万5,500円が持ち出しになる。

さらにフジの剪定や整枝は山崎造園が32万6,592円で請け負い、燕市が16万3,000円を補助するので、持ち出しは16万3,592円。合わせると163万9,029円の費用のうち県と市の補助109万円を充てるので、同会の持ち出しは54万9,029円となる。

クレーン車や掘削重機も投入した大がかりな作業
クレーン車や掘削重機も投入した大がかりな作業

13日始まった作業では、クレーン車や掘削重機も投入。クレーン車で枝やフジ棚をつり上げて新たにH鋼を取り付ける形で作業を進めた。柱のコンクリートも割れたところがある。

同会は地元の有志でつくる。会長の大原大八さん(80)は、大原耕作前会長の死去に伴って昨年、会長に就いたばかり。大雪のせいとはいえ、フジ棚がつぶれたことに「三八豪雪(昭和38年の豪雪)でも落ちたけど、(会長を)受けたばっかりで申し訳ない」と心を痛めていた。

新たに支柱に取り付けられたH鋼
新たに支柱に取り付けられたH鋼

毎年、5月半ばに花の見ごろを迎えており、それまでには修理が終わることになり、「困ったんだろも、これをやってけば、これから50年は大丈夫」と安堵した。この日はちょうど同寺で理事会も開かれる計画で、持ち出し分50万円余りの工面も考えなければならないが、寄付は求めずにすみそうな状況だ。5月13日は同寺で恒例の白藤茶会も開かれる計画。


spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

...詳細


燕市で仕事を探す。燕では働く魅力とは?
サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
スポンサードリンク

■Copyright (C) kenoh.com Allrights Reserved.
三条・燕、県央の情報「ケンオー・ドットコム」kenoh.com