福島県南相馬市から三条市へ避難していた29人が三条市へ花見に、花はまだでも話に花を咲かせて分水おいらん道中も見物 (2012.4.16)

取材依頼・情報提供はこちら

スポンサードリンク

東日本大震災で三条市の避難所のひとつ、三条市総合福祉センターに避難し、その後福島県南相馬市に戻った人たちが15日、一年前に花見を楽しんだ三条市総合運動公園で再び「花見」を行い、サクラの花に早かったものの、三条市内に避難している人たちと再会し、話の花を咲かせた。

三条市総合運動公園で花見する福島県南相馬市から訪れた「小高区三条会」
三条市総合運動公園で花見する福島県南相馬市から訪れた「小高区三条会」

南相馬市からの一行は29人。「小高区三条会」の団体名をつけた観光バスで昼前に三条市総合福祉センターに到着し、避難所でボランティアをした三条市民が出迎えた。

国定勇人三条市長も出迎えて一緒に記念撮影などをしたあと、総合運動公園の芝生広場で花見。今も三条市に避難している35人と交流ルーム「ひばり」のスタッフやボランティアら50人ほどが青いビニールシートを敷いて待ち、久しぶりの再会に、「元気だった〜」、「お世話になりましたね」と手を取り合って喜ぶんだ。

三条市総合福祉センターでは国定市長も出迎えに訪れる
三条市総合福祉センターでは国定市長も出迎えに訪れる
国定市長を囲んで記念撮影
国定市長を囲んで記念撮影

公園内のソメイヨシノはまだつぼみだが、17.2度まで気温が上がるい暖かい陽気。弁当を食べながら話をはずませた。「南相馬のサクラは今日明日くらいで開花宣言かな」と互いの近況を話すうちに神妙な表情になる人もいたが、昨年の花見ではサクラは満開だったと話す女性同士は「でも心は満開だからね!」と笑った。

南相馬市から約5時間の長旅をねぎらわれた男性は「遠いとか近いとかではなくて、三条は第二のふるさとだ」、「きのうの夜は4回くらい目が覚めた」と、わくわくの旅。昨年8月に南相馬市へ戻って7カ月余りたち、「懐かし〜な〜」と避難所での生活を思い起こすようにしみじみと福祉センターを見上げる男性もいた。

分水おいらん道中を見学
分水おいらん道中を見学

花見会場に向かったバスを手を振って送り出した国定市長は、「元気そうで何より。絆を忘れずに、三条市にお越しいただき、本当にありがたいこと」、「ことしの野馬追には今度は三条から(南相馬市へ)」と、ひとつひとつを積み重ねていきたいと話していた。

南相馬市からの一行は、三条で花見を楽しんだあとは、午後3時から燕市の「分水おいらん道中」を見物、寺泊に宿泊した。


spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

...詳細


第34回国民文化祭・にいがた2019、第19回全国障害者芸術・文化祭にいがた大会、2019.9.15(日)〜11.30(土)
サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
スポンサードリンク

■Copyright (C) kenoh.com Allrights Reserved.
三条・燕、県央の情報「ケンオー・ドットコム」kenoh.com