「弥彦線吉田〜燕間開通90周年記念入場券」発売とあわせて臨時列車、快速「弥彦線開業90周年号」を運行、サクラ咲く弥彦は鉄道ファンでにぎわう (2012.4.21)

取材依頼・情報提供はこちら

スポンサードリンク

JR弥彦線の吉田−燕駅間が20日で開通から90年を迎えたのを記念して、JR東日本新潟支社は21日、「弥彦線吉田〜燕間開通90周年記念入場券」を発売するとともに、新潟−弥彦駅間を走る臨時列車、快速「弥彦線開業90周年号」を運行した。

JR弥彦駅に到着した臨時列車、快速「弥彦線開業90周年号」
JR弥彦駅に到着した臨時列車、快速「弥彦線開業90周年号」

臨時列車は一往復で、往路は弥彦駅着午前10時49分、復路は弥彦駅発午後2時6分。黄かん色と緑2号に塗り分けられた、いわゆる「湘南色」の115系電車を3両編成で運行した。

往路では、燕三条−吉田駅間で燕市の職員が燕市周辺の観光を車内アナウンスでPR。乗客には地元の観光パンフレットやケーキ用のフォークをプレゼントした。弥彦駅に到着するとホームで同駅職員らが「ようこそ弥彦へ 祝 弥彦線開業90周年」とある横断幕を掲げて臨時列車を出迎えた。

「弥彦線開業90周年号」の乗客を横断幕を掲げて歓迎
「弥彦線開業90周年号」の乗客を横断幕を掲げて歓迎
鉄道ファンでにぎわうホーム
鉄道ファンでにぎわうホーム

扉が開くと鉄道ファンや花見客ら300人近くが降りてホームはにぎわい、臨時列車や横断幕をと並んで記念撮影する人も多かった。窓口には、1,000セット限定で記念台紙付きの記念入場券(1,120円)を買い求める人の列ができた。駅を出ると弥彦山太鼓保存会による和太鼓の演奏が歓迎した。

駅前では弥彦山太鼓保存会の演奏で歓迎
駅前では弥彦山太鼓保存会の演奏で歓迎
窓口には「弥彦線吉田〜燕間開通90周年記念入場券」を買い求める人の列
窓口には「弥彦線吉田〜燕間開通90周年記念入場券」を買い求める人の列

弥彦のサクラは五分咲きを過ぎたくらいで、もう見ごろ。朝から抜けるような青空が広がる絶好の花見日和。90周年号より20分ほど早く「弥彦お花見号」も到着しており、弥彦駅はいつにないにぎわいだった。

関連リンク

spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

...詳細


第34回国民文化祭・にいがた2019、第19回全国障害者芸術・文化祭にいがた大会、2019.9.15(日)〜11.30(土)
サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
スポンサードリンク

■Copyright (C) kenoh.com Allrights Reserved.
三条・燕、県央の情報「ケンオー・ドットコム」kenoh.com