三条市牛野尾の土砂崩れで現地対策本部が会議を開いて被害状況や今後の作業工程を確認、避難はこれまで8世帯25人に (2012.4.23)

取材依頼・情報提供はこちら

スポンサードリンク

三条市牛野尾地内で発生した土砂崩れに伴って三条市が三条市牛野尾ふれあいセンター内に設置した現地対策本部は、23日午前7時前から会議を開き、被害の状況や今後の作業工程を確認した。

23日午前7時前から三条市牛野尾ふれあいセンターで開かれた現地対策本部の会議
23日午前7時前から三条市牛野尾ふれあいセンターで開かれた現地対策本部の会議

県三条地域振興局地域整備部、三条市建設部をはじめ、牛野尾自治会、消防、消防団、建設業者、地元市議など20人余りが参加した。

詳しい調査はこれからになるが、担当者によると今回の土砂災害は、常福寺や住宅など裏手の中の沢で、住宅などから約400メートルの距離の山の斜面が崩れたようで、原因は融雪による地盤のゆるみとした。また、水がたまっているところが2カ所確認されたが、自然の水路ができており、現在のところは決壊などの心配はないようだ。

土砂崩れの状況
土砂崩れの状況

今後の作業のひとつは、住宅に押し寄せてきている土砂を抑えることで、土砂の排出と大型土のうを積むことなどをあげた。さらにもうひとつを、沢の水の処理がスムーズにいっていないことから現状を確認して対応を検討するとした。

このほか、消防は引き続き警戒にあたり、消防団は午前7時でいったん解散し、午後7時から翌24日午前7時まで再び警戒にあたる。

23日朝までの避難者数は合計8世帯計25人で、三条市牛野尾ふれあいセンターや親類の家などに避難した。前日夕方、同牛野尾自治会が呼びかけて5世帯16人が避難し、夜になって現場を見張っていた人から「となりの沢から濁り水が流れている」との情報を確認したことから、23日午前0時45分に関係する3世帯9人に避難を呼びかけ自主避難してもらった。

約400メートルの範囲の斜面が崩れて広大な範囲に流れ込んだ雪も交じった土砂
約400メートルの範囲の斜面が崩れて広大な範囲に流れ込んだ雪も交じった土砂

その3世帯については、23日午前7時10分、安全が確認されたことから帰宅。8時現在、同センターには3世帯8人が避難している。

また、土砂災害は昨夜から23日朝までに、危険を伴った大きな変化はなかったようで、22日夜半からは県が手配し、建設業者が重機を使って土砂の撤去作業を行っていた。消防団、消防、警察は前日から警戒を続け、消防団は午前7時まででいったん解散し、23日午後7時から翌24日午前7時まで再び警戒に当たる予定だ。

建物への被害は前日に確認された車庫2棟のようで、土砂が流れ込んだ1つの車庫の中には自動車が入っているようだ。また、住宅の前に止めてあった自動車1台も車体の半分ほどが土砂に埋まっていた。


spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

...詳細


燕・弥彦の地域密着型の福利厚生プログラムを提供 「タンポポ」が20周年記念事業
サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
スポンサードリンク

■Copyright (C) kenoh.com Allrights Reserved.
三条・燕、県央の情報「ケンオー・ドットコム」kenoh.com