三条フォーク村が初めてプロミュージシャンを招いてフォークソングコンサート、約130人が来場してざっと40年前のフォークの世界にどっぷり (2012.7.15)

取材依頼・情報提供はこちら

スポンサードリンク

三条フォーク村では15日、三条東公民館で初めてプロミュージシャンを招いてフォークソングコンサートを行い、約130人が来場してざっと40年前のフォークの世界にどっぷりつかって楽しんだ。

 15日開かれた三条フォーク村のフォークソングコンサート、左から井上ともやすさん、と四角佳子さん、四角佳子さん、常富喜雄さん
15日開かれた三条フォーク村のフォークソングコンサート、左から井上ともやすさん、と四角佳子さん、四角佳子さん、常富喜雄さん
15日開かれた三条フォーク村のフォークソングコンサート

出演は小室等さんがが中心となって結成した音楽ユニット「六文銭」のメンバーだった及川恒平さんと四角佳子さん、そして「ザ・リガニーズ」から「猫」を経てことし四角さんらと「Colors」を結成した常富喜雄さん、吉田拓郎さんのナンバーをそっくりに歌う井上ともやすさんの4人が顔をそろえた。

 盛り上がる来場者
盛り上がる来場者

六文銭は1968年から72年まで活動し、今から約40年前になる。来場者は当時、思春期から青春時代を過ごした50代半ばから上の世代が中心で、イントロに続いて曲の頭を歌い出すと、あまりの懐かしさに「うおーっ!」と歓声が上がり、拍手が。当時をほうふつとさせるロングトーンを響かせると再び歓声と拍手が上がった。

 気軽に記念写真に応じる出演者
気軽に記念写真に応じる出演者

さらに歌詞を先回りして小さな声で伝え、それに導かれて来場者と一緒になった全員合唱は、歌声喫茶そのもの。フォークを聴くだけにとどまらず合唱で参加し、若者のカルチャーが全共闘や大学紛争と結びついた時代にタイムスリップ。最後は出演者4人がステージにそろい、六文銭と上条恒彦が共演した「出発(たびだち)の歌」を歌ってフィナーレとなった。

コンサート後は出演者と握手したり、サインしてもらったり、さらに一緒に並んで記念写真を撮ったりと、当時なら夢のような交流も体験できた。「生の音が聞こえるような会場で聴けるのがいいね」と話す人もいて、当時とはまた違った楽しみも味わって大満足だった。


spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

...詳細


燕・弥彦の地域密着型の福利厚生プログラムを提供 「タンポポ」が20周年記念事業
2019県央工高同窓会 6月14日(金)
三条信用金庫栄支店5月27日(月)オープン
サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
スポンサードリンク

■Copyright (C) kenoh.com Allrights Reserved.
三条・燕、県央の情報「ケンオー・ドットコム」kenoh.com