「7・13水害を忘れない」をコンセプトに「海の日」の16日、三条市・大崎山のグリーンスポーツセンターで恒例の「大崎祭2012ーつながる輪と和ー」 (2012.7.15)

取材依頼・情報提供はこちら

スポンサードリンク

「7・13水害を忘れない」をコンセプトに2007年から毎年開かれている野外フェス「大崎祭」が、ことしも「海の日」の16日午前10時から三条市・大崎山のグリーンスポーツセンターを中心に開かれる。

 16日に三条市グリーンンスポーツセンターで開かれる大崎祭のポスター
16日に三条市グリーンンスポーツセンターで開かれる大崎祭のポスター

午後5時まで開かれ、三条市グリーンンスポーツセンターでライブステージ、キャンプ場は「OPEN FREE MUSIC SPACE」としてDJやパフォーマンス、ワークショップ、同センター前ではフリーマーケットの出店などが行われる。

年々、規模を大きくしているが、ことしは7・13水害の記憶展を開催。三条市消防本部から0三条市を襲った04年の7・13水害と昨年の7・29水害の被災のようすを撮影した写真パネルが展示される。ミュ有情は無料だが、ライブステージは有料で2,000円。

主催は新潟県内、主に三条市のメンバーでつくるカルチャークリエーション集団「mi-light」。なかでも今は秋田県横手市に住む会社員神谷大介さん(32)が中心になっている。

■■
三条市グリーンンスポーツセンター

神谷さんは以前は三条市内で働いており、7・13水害と同じ年の中越地震、07年の中越沖地震を三条市で経験し、被災者を励まそうと大崎祭を始めた。中越地震からの復興を願って旧川口町でイベントと追悼式典「SONG OF THE EARTH」スタートしたが、神谷さんは復興に携われたなかったという後悔があった。

7・13水害で被災した人や地域に向け、「楽しみながら当時を思い出し、記憶にとどめてもらおう」と始めたのが大崎祭。敷居を高くせず、まつりの色を濃くしようと考えている。毎年、全国から数百人の来場があるが、「地元の人にもぜひ参加してほしいですね」と神谷さんは話している。問い合わせは神谷さん(電話:080-1825-8379)へ。ライブステージのタイムテーブルは次の通り。

  • 10:00〜buyobuyo(※サウンドチェック込)
  • 11:00〜イリテナ
  • 11:30〜休憩/JAM SESSION TIME(誰でも参加OK)
  • 13:00〜ソラノート
  • 13:30〜Joint Circus
  • 14:00〜TAYUTA
  • 15:00〜ラビラビ
  • 16:00〜青谷明日香
  • フィナーレ/song of the earth大崎祭スペシャルセット!(青谷明日香×ラビラビ×TAYUTA)
関連リンク
  • mi-light(新しいウィンドウで開く)
  • 大崎祭(新しいウィンドウで開く)

spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

...詳細


2019県央工高同窓会 6月14日(金)
三条信用金庫栄支店5月27日(月)オープン
いい湯らてい
サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
スポンサードリンク

■Copyright (C) kenoh.com Allrights Reserved.
三条・燕、県央の情報「ケンオー・ドットコム」kenoh.com