14日開通の栄スマートICは1日平均1,168台の利用があり、計画交通量1,000台を上回る好調な滑り出し (2012.7.27)

取材依頼・情報提供はこちら

スポンサードリンク

14日に開通した北陸自動車道の栄スマートインターチェンジは、7月25日までに延べ1万5,269台の利用があり、7月17日から23日までの1日平均1,168台の利用があり、計画交通量の1日1,000台を上回る好調な滑り出しとなっている。

 計画交通量の1日1,000台を上回る好調な滑り出しの栄スマートIC
計画交通量の1日1,000台を上回る好調な滑り出しの栄スマートIC

利用台数は開通初日の14日は午後3時の供用開始だったので810台、翌15日がピークの2,074台で、次いで翌16日の1,837台、日曜の22日1,310台の順に多かった。

栄スマートIC開通後の1日利用台数
7月14日(土) 810台
7月15日(日) 2,074台
7月16日(月) 1,837台
7月17日(火) 1,045台
7月18日(水) 1,065台
7月19日(木) 1,181台
7月20日(金) 1,218台
7月21日(土) 1,293台
7月22日(日) 1,310台
7月23日(月) 1,063台
7月24日(火) 1,196台
7月25日(水) 1,177台
合計 15,269台

1日平均の利用台数は、開通の記念もあって利用が多かった開通から3日間を除き、17日から23日までの1週間をとって集計し、1日平均1,168台の利用だった。また、土、日曜はそれぞれ約1,300台の利用があり、平日より利用が多かった。

また、栄スマートICの前後を含むICの1日平均利用状況は、開通前の7月7日から13日までの1週間との比較で、開通後の17日から23日までの1週間は、三条燕ICは1.6%減の1万4,900台に対し、中之島見附ICは0.1%増の1万4,514台。3つのICの合計では、開通前の2つのICの合計より3.2%増加し、3万0,582台となっている。

栄スマートICは県内で初めて全車種に対応、24時間運用のスマートIC。大型の観光バスも利用できるので、中之島や長岡市寺泊地区、燕市分水地区などを結ぶルートの利用が見込まれており、開通を周知することで栄スマートICの利用増を図っていく。

前後ICを含む1日平均の利用台数の開通前と開通後
三条燕IC
スマートIC
見附中之島IC 合計
開通前(平均)
7/7〜7/13
15,142台 14,489台 29,631台
開通後(平均)
7/17〜7/23
14,900台 1,168台 14,514台 30,582台
関連リンク

spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

...詳細


燕市で仕事を探す。燕では働く魅力とは?
サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
スポンサードリンク

■Copyright (C) kenoh.com Allrights Reserved.
三条・燕、県央の情報「ケンオー・ドットコム」kenoh.com