燕市内3地区の夏まつりを締めくくる燕大花火大会、2年ぶりの開催で花火180発とスターマイン17組で燕の夏の夜空を彩る (2012.7.30)

取材依頼・情報提供はこちら

スポンサードリンク

燕市内3地区の夏まつりを締めくくる燕大花火大会が29日、燕市・大河津分水の河川敷で行われた。昨年は東日本大震災の発生で自粛、中止しており、2年ぶりに復活。180発とスターマイン17組を燕の夏の夜空を彩った。

29日開かれた燕大花火大会
29日開かれた燕大花火大会

観覧場所は、大河津橋たもとから上流側の大河津分水路右岸側。毎年、分水おいらん道中が行われる桜並木の土手で、花火の数も大きさも例年より規模が小さかったが、これまで打ち上げ場所を対岸の左岸側にしていたが、ことしは右岸側に移したため、花火との距離が近くなった。

客席の上に花火の燃えかすがばらばら降ってくるほどで、これまでにも増して迫力のある花火大会となった。

夜空に光でアートを描く
夜空に光でアートを描く

大規模を駐車場を備えた大河津分水さくら公園が開園したこともあり、駐車場も余裕たっぷり。また、さくら公園がかなり上流側にあるため、これまで大河津橋付近に集中していた見物客が上流にかけて長く広がったため、会場の混雑が緩和してゆったりと見ることができ、家族連れで訪れた市民は、のんびりと1時間の夜空のアートを満喫していた。

 河川敷で見物する市民
河川敷で見物する市民

spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

...詳細


2019県央工高同窓会 6月14日(金)
三条信用金庫栄支店5月27日(月)オープン
いい湯らてい
サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
スポンサードリンク

■Copyright (C) kenoh.com Allrights Reserved.
三条・燕、県央の情報「ケンオー・ドットコム」kenoh.com