9月22、23日の1泊2日で寺で空腹を体験する恒例の「はらぺこ塾」、参加する小学生を募集 (2012.8.3)

取材依頼・情報提供はこちら

スポンサードリンク

寺に一泊して空腹を体験して食べ物のあるありがたさを体験してもらおうと、寺子屋つばさ実行委員会(高橋克典会長・30人)は、9月22、23日の1泊2日でことしも燕市国上、真言宗豊山派「本覚院」(渋谷隆阿住職)で開催する第6回食育学校「はらぺこ塾」に参加する小学生を募集している。

第6回食育学校「はらぺこ塾」のちらし
第6回食育学校「はらぺこ塾」のちらし

はらぺこ塾は、1泊2日をほんの少しのご飯を食べて過ごす空腹体験をはじめ、学校や塾では学ぶことのできないさまざまな体験を通して、食を学ぶ1泊2日のプログラム。

燕三条青年会議所が4年前に取り組んだ「寺子屋つばさ事業」の一環から始まった事業で、ことしで5年目。非日常的な空間で集団生活し、本当の空腹感を体験して当たり前に食べ物がある幸せや食事を用意してくれる親への感謝、礼儀作法を認識してもらうのがねらいだ。

同実行委員会のメンバーに加え、今回も新潟経営大学の学生スタッフも参加して、地引き網、国上山でのレクリエーション、写仏、座禅などの体験を行う。

対象は、小学4年生から6年生で、定員40人、参加費は1人2,000円。当日は9月22日午前9時から本覚院で参加者を受け付け、翌23日午後1時に解散の予定。

また、9月7日午後7時から燕三条地場産業振興センター・リサーチコアで開く事前説明会に保護者が参加できることも参加条件。申し込み締め切りは8月31日。同実行委員会のホームページの申し込みフォームで送信するか、事務局に電話などで申し込む。問い合わせや申し込みは、同実行委員会事務局の一般社団法人燕三条青年会議所(電話:0256-32-5151)へ。

関連リンク

spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

...詳細


#三条エール飯で飲食店を応援しよう/三条市
サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
帯織住宅団地/三条市 JR帯織駅前に位置し、目の前に田園風景が広がる静かな住宅団地 全85区画
空間除菌システム - 梨本商店
スポンサードリンク

■Copyright (C) kenoh.com Allrights Reserved.
三条・燕、県央の情報「ケンオー・ドットコム」kenoh.com