燕市武道協議会が第1回燕市武道祭開催、加盟団体から151人が参加して演武披露と武道体験して市内武道団体の連携を図り、県立武道館誘致のはずみにも期待 (2012.10.1)

取材依頼・情報提供はこちら

スポンサードリンク

燕市武道協議会(田辺良文会長)主催の第1回燕市武道祭が30日、燕市体育センターで開かれ、同協議会加盟団体から151人が参加して柔道、合気道、空手道、剣道、太極拳、弓道の演武披露と武道体験を行った。

燕市武道協議会主催の第1回燕市武道祭
燕市武道協議会主催の第1回燕市武道祭

同協議会を構成する燕市剣道連盟、燕市弓道連盟、燕市柔道連盟、燕市合気道協会、吉田太極拳クラブ、燕市空手道連盟が参加。壇上から主催者や来賓ら十数人が見守るなか、団体ごとに順に演武を披露したあと、来場者から自由に参加してもらう武道体験も行った。

あいさつする田辺会長
あいさつする田辺会長

同協議会は、燕市内の武道団体に呼びかけて昨年、発足。それを象徴する意味でも初めて各団体が一堂に会した武道祭を開いた。田辺会長は「武道はそれぞれの競技が相互に関係してるので、連携を図る意味は大きい」と言う。県が建設計画を進めている県立武道館の建設候補地に燕市が名乗りを上げていることについては「県立武道館誘致も協議会の活動の一環」と考えており、発足にあたって燕市体育協会加盟団体に声をかけたが、「加盟していない武道団体にも参加を呼びかけていきたい」と話していた。

柔道の演武披露
柔道の演武披露

来賓祝辞で鈴木力燕市長は、燕市は武道が盛んなまちで、昨年発足した武道協会の主催で武道祭が開かれるのは「本当に意義深いこと」と喜び、県立武道館誘致で先に上越市が知事に陳情したが、燕市もいろんな形で陳情しており、「ただ単に政治的な形で陳情ということをするんじゃなくて、燕市の場合、まさに県下一、武道の盛んな土地なんだということ」をアピールするのが大事と話した。


spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

...詳細


燕・弥彦の地域密着型の福利厚生プログラムを提供 「タンポポ」が20周年記念事業
2019県央工高同窓会 6月14日(金)
三条信用金庫栄支店5月27日(月)オープン
サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
スポンサードリンク

■Copyright (C) kenoh.com Allrights Reserved.
三条・燕、県央の情報「ケンオー・ドットコム」kenoh.com