横浜で本格的な音楽活動を指導する寺泊の倉井千秋さんの勤め先、燕市児童研修館「こどもの森」でお別れライブ、約100人が来場して「ちーちゃん」に感謝 (2012.10.2)

取材依頼・情報提供はこちら

スポンサードリンク

神奈川県横浜市へ移り住んで本格的な音楽活動をスタートするシンガー、倉井千秋さん(26)=長岡市寺泊=が9月いっぱいで勤務先の燕市児童研修館「こどもの森」指導員をやめるのに伴って勤務最終日の9月30日、「こどもの森」で倉井さんと利用者とのお別れライブが行われた。

燕市児童研修館「こどもの森」で開かれた倉井千秋さんとのお別れライブ

燕市児童研修館「こどもの森」で開かれた倉井千秋さんとのお別れライブ

倉井さんはアコースティックギターの弾き語りを中心にキーボード伴奏も加えて『許し合えば』、子どもと一緒に歌う『ふたり』、そして「こどもの森」をイメージしてつくった『花と太陽』などオリジナル曲を40分に余りにわたって披露した。

地元を去る日が近づいていることもあって、このところ立て続けにライブのスケジュールが入っており、日にステージが2度、3度ということもある多忙ぶりだが、いつもと変わらない柔らかく包み込むような歌声を聴かせた。

子どもたち一緒に歌う倉井さん
子どもたち一緒に歌う倉井さん

ただ、後半では思いが込み上げて涙があふれ、歌えなくなる場面も。『世界中のこどもたちが』、『ともだちになるために』を職員と合唱した。

「こどもの森」で約2年間、働いた「ちーちゃん」こと倉井さん。子どもたちはみんな倉井さんが大好きだった。この日も保護者を含めて約100人が会場を訪れた。身内のように仲良しだった女の子は、演奏中に涙を流す倉井さんのただならぬようすに一緒になって涙をこぼした。姉のように慕った女の子は倉井さんの直前にかじりつき、DSで倉井さんの姿を撮っていた。

倉井さんの歌う姿をDSで撮る女の子たち
倉井さんの歌う姿をDSで撮る女の子たち

「さよならは言わないよ。また遊びに来たいと思うので」と話す倉井さんに、みんなで「ちーちゃん大好きだよ!、ありがとう!」の言葉を贈った。演奏が終わったあとも、倉井さんを囲んで一緒に記念写真を撮ったり、用意してきた花を渡したり。倉井さんのそばからなかなか離れようとしなかった。

関連リンク

spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

...詳細


#三条エール飯で飲食店を応援しよう/三条市
サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
帯織住宅団地/三条市 JR帯織駅前に位置し、目の前に田園風景が広がる静かな住宅団地 全85区画
空間除菌システム - 梨本商店
燕三条ものづくりメッセ2020|公式ホームページ | 燕三条ものづくりメッセ2020のホームページです。
スポンサードリンク

■Copyright (C) kenoh.com Allrights Reserved.
三条・燕、県央の情報「ケンオー・ドットコム」kenoh.com