燕三条駅観光物産センター「燕三条Wing」に「燕三条『畑の朝カフェ』」コーナー、イベントで使用の燕製の高級カトラリーなどを期間限定販売 (2012.10.3)

取材依頼・情報提供はこちら

スポンサードリンク

燕三条駅観光物産センター「燕三条Wing」では、燕三条地域の畑で朝食や体験を楽しむイベント「燕三条『畑の朝カフェ』」のコーナーを設置しており、そこで使っている燕製の高級カトラリーなどを期間限定で販売し、人気を集めている。

燕三条駅観光物産センター「燕三条Wing」に開設されている「燕三条『畑の朝カフェ』」のコーナー
燕三条駅観光物産センター「燕三条Wing」に開設されている「燕三条『畑の朝カフェ』」のコーナー

「燕三条『畑の朝カフェ』」は、「燕三条ブランド」の確立を目指す燕三条プライドプロジェクトの一環で、農業の生産現場から燕三条の魅力を発信しようと今年度、始まった企画。ことしは燕や三条など4カ所の畑を会場に計4回を計画し、10月7日の三条市下田地区でのソバ畑が最終回になる。

地元の食材を利用するほか、テーブルやいす、カトラリー、調理器具、はさみやナイフなど体験で使用する道具、備品なども地元燕三条産を調達するのも好評。なかでも食事をしたカトラリーは、燕の「enn」ブランドと「フレンチの神様」とも称されるというフランスのシェフ「ジョエル・ロブション」のダブルネームで、ジョエル・ロブションがプロデュースする世界のレストランでも使われているモデルだ。

参加者から入手方法の問い合わせも多いため、7月から燕三条Wingに設置していた「畑の朝カフェ」のイメージコーナーで販売するようになった。コーナーは、緑のブドウ畑の写真を背景に、会場で使用しているスノーピーク製のテーブル1台といす2脚を置いたミニコーナーで、テーブルの上にカトラリーとカップ&ソーサー、三条市のナチュラルミネラルウォーター「千年悠水」を並べる。カトラリーは、ティースプーン(1,350円)と、デザートスプーン、デザートフォーク、デザートナイフの3種で、それぞれ1本1,980円。

ふだん使うには高級なカトラリーだが、「燕三条Wing」によると、自分のため、夫婦など大切な人と使いたいと1本、2本単位で買う人が多いという。

また、白く滑らかな曲線が美しいカップ&ソーサーは、燕三条Wing限定品として期間限定の特別価格で販売しており、大サイズ2,415円を600円、2100円を500円と手ごろな値段。5客、10客とまとめ買いする人も多い人気商品だ。このコーナーは10月末までの設置予定だが、在庫がなくなれば終わる。

関連リンク

spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

...詳細


#三条エール飯で飲食店を応援しよう/三条市
サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
帯織住宅団地/三条市 JR帯織駅前に位置し、目の前に田園風景が広がる静かな住宅団地 全85区画
空間除菌システム - 梨本商店
燕三条ものづくりメッセ2020|公式ホームページ | 燕三条ものづくりメッセ2020のホームページです。
スポンサードリンク

■Copyright (C) kenoh.com Allrights Reserved.
三条・燕、県央の情報「ケンオー・ドットコム」kenoh.com