8日まで加茂市「あとりえきっか」で新大教育学部日本画研究室卒業の女性7人の作品展「2012HALU展」、日本画や人形、カード織りも (2012.10.6)

取材依頼・情報提供はこちら

スポンサードリンク

加茂市岡ノ町、貸しアトリエ「あとりえきっか」は、5日から8日まで新潟大学教育学部の日本画研究室卒業の女性7人の作品展「2012HALU展…NIHONGAandmore…」を開き、日本画や人形、カード織りなどの作品を展示している。

8日まで加茂市「あとりえきっか」で開かれている「2012HALU展…NIHONGAandmore…」
8日まで加茂市「あとりえきっか」で開かれている「2012HALU展…NIHONGAandmore…」

同じ研究室に学んだ仲間が、卒業後も世代を超えて作品を発表しようと、1997年春にOG、OBの日本画展として初めて開いた。季節が春だったので名称を「HALU展」に。以来、新潟市美術館などを会場に2、3年ごとに開き、これまで15年間で今回が7回目、加茂市では2回目。回を重ねてメンバーも少しずつ変わり、作品も日本画を基本に、版画やクラフトなども出品されるようになった。

今回は30歳代後半から40歳代半ばの女性7人が出品。日本画、人形、ミニチュア、絵本、カード織り、版画など、いろいろなジャンルの作品が並ぶ。

はこはうす
はこはうす

また、8日はメンバーによるカード織りのワークショップを実施。午後1時半からと2時半からの2回で、各回先着4人。参加費は1人700円。

「HALU展」は、入場無料で午前10時から午後5時まで、最終日8日は午後4時まで。出品の7人は次の通り。敬称略。

作品を出品している左が渡辺恵利さん、中央が長谷川優子さん
作品を出品している左が渡辺恵利さん、中央が長谷川優子さん

▲片桐ひろみ(南魚沼市)=和の人形▲伊藤久仁子(弥彦村)=木・アクリル▲小林利恵子(南魚沼市)=絵本▲長谷川優子(加茂市)=はこはうす▲中村文美(新潟市)=モノタイプ▲松本真理(長岡市)=カード織り▲渡辺恵利(新潟市)=日本画

関連リンク

spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

...詳細


燕・弥彦の地域密着型の福利厚生プログラムを提供 「タンポポ」が20周年記念事業
2019県央工高同窓会 6月14日(金)
三条信用金庫栄支店5月27日(月)オープン
サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
スポンサードリンク

■Copyright (C) kenoh.com Allrights Reserved.
三条・燕、県央の情報「ケンオー・ドットコム」kenoh.com