JAにいがた南蒲の女性部と青年部が14日に三条市・南蒲物流センターで1日限りの「いきいきマーケット」、管内で部員が育てた農産物を直売価格で販売 (2012.10.10)

取材依頼・情報提供はこちら

スポンサードリンク

JAにいがた南蒲の女性部(馬場良子部長)と青年部(松田博文部長)は、14日午前10時から三条市下保内、北営農センター並びの南蒲物流センターで1日限りの「いきいきマーケット」を開き、管内の田上、加茂、三条、中之島(長岡)で部員が育てた野菜や果樹、加工品、新米などの農産物を直売価格で販売する。

JAにいがた南蒲物流センター職員と「いきいきマーケット」のちらし、販売する「なんかん米コシヒカリ」
JAにいがた南蒲物流センター職員と「いきいきマーケット」のちらし、販売する「なんかん米コシヒカリ」

販売するのは、季節の野菜のレンコン、ジャガイモ、タマネギ、ハクサイ、シイタケ、サトイモ、ネギ、果物ならナシ。ナメコや加工品のみそ、梅干し、ウメやモモのジャム、サツマイモのアイスなども並ぶ予定だ。新米は、「なんかん米コシヒカリ」を5kg2,150円、10kg4,200円のキャンペーン価格で販売する。

来場した子どもたちのために、ポップコーンや水ヨーヨーのプレゼントも用意。組合員に向けてJA農機、車両センターによる農業機械や自動車、トラクターやコンバイン、チェーンソーもを展示する。JAケアプランセンターひまわりの里による「介護相談会」もあわせて行い、老若男女の関心を引くイベントをラインナップする。

この日の午前中に「第10回子ども活き活き農業体験」の稲刈り体験が同センター前の田んぼで行われるのにあわせて2009年に初めて開き、ことしで4回目になるJAにいがた南蒲のいわば収穫感謝祭。午前10時から午後3時まで開くが例年、午前中で品切れになる商品も多く、人気商品は早い者勝ちで、気軽な来場を呼びかけている。

会場は、国道403号を三条市から加茂市方向に進み、右折すると三条市保内公園の信号交差点を逆に新潟クボタ販売側に左折し、次の交差点を右折すると、オレンジと緑のかまぼこ形の建物が北営農センターでその敷地内。住所は下保内348-1、電話は「0256-39-7100」。

関連リンク

spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

...詳細


燕・弥彦の地域密着型の福利厚生プログラムを提供 「タンポポ」が20周年記念事業
2019県央工高同窓会 6月14日(金)
三条信用金庫栄支店5月27日(月)オープン
いい湯らてい
サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
スポンサードリンク

■Copyright (C) kenoh.com Allrights Reserved.
三条・燕、県央の情報「ケンオー・ドットコム」kenoh.com