日本金属洋食器工業組合が昨年に続いて第2回のカトラリー検定、レギュラー・クラス91人、新設のソムリエ・クラスに40人が受検 (2012.11.11)

取材依頼・情報提供はこちら

スポンサードリンク

日本金属洋食器工業組合は11日、昨年に続く第2回のカトラリー検定を行い、レギュラー・クラスに91人、新設の上位クラスのソムリエ・クラスに40人が受検し、金属洋食器に関する知識を試した。

11日行われた日本金属洋食器工業組合主催第2回カトラリー検定
11日行われた日本金属洋食器工業組合主催第2回カトラリー検定

昨年、金属洋食器製造100年記念事業で初めて行ったローカル検定。昨年は433人が受検して427人が合格しているが、さらにレベルの高い検定をとことしはソムリエ・クラスを新設した。

2クラスとも100点満点で試験時間60分。レギュラー・クラスは4択49問と記述1問の50問、1問2点で70点以上が合格。ソムリエ・クラスは4択60問で20問目まで1問1点、それ以降は1問2点で80点以上が合格だ。

レギュラー・クラスは公式テキストブック「なるほどカトラリー」を持ち込んで受検できるが、ソムリエ・クラスは持ち込に不可。さらにソムリエ・クラスはテキストブックにない問題もあり、試験用のナイフも貸与された。

ソムリエ・クラスの受検に余裕の笑顔の鈴木市長、その藤沢教育長
ソムリエ・クラスの受検に余裕の笑顔の鈴木市長、その藤沢教育長

先に組合が行った第2回カトラリー検定実施の記者会見でソムリエ・クラスに申し込んだ鈴木力市長は、いちばん前の机で受検した。鈴木市長は昨年、公式テキストを持ち込まずに受検してほぼ満点で合格している。燕市は14日に市内小学校で初めてのジュニア検定を行うだけに、プレッシャーを感じると言いながらも、席に着いてからピースサインを見せる余裕の笑顔。そのふたつ後の席の藤沢健一教育長は、「市長は余裕があるな〜」と頭をかいていた。

受験者は洋食器関連の企業の社員や市職員、地元に文化や歴史に興味のある人が腕試しにとさまざま。とはいえ、社会人になってから受検する機会はめったになく、担当者が回って机に問題用紙を載せていくと、学生時代を思い出してぴりっと緊張していた。

このあと1週間後の18日に表参道・新潟館ネスパスで東京会場のカトラリー検定を行い、約30人が受検する。

関連リンク

spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

...詳細


三条商工会議所Webセミナー、500タイトル無料配信中!
サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
帯織住宅団地/三条市 JR帯織駅前に位置し、目の前に田園風景が広がる静かな住宅団地 全85区画
空間除菌システム - 梨本商店
益財団法人燕西蒲勤労者福祉サービスセンタータンポポ。全40店舗で利用できる食べて応援企画特別補助券500円券を1会員に3枚プレゼント
スポンサードリンク

■Copyright (C) kenoh.com Allrights Reserved.
三条・燕、県央の情報「ケンオー・ドットコム」kenoh.com